愛犬と行くレジャースポット三重県編


横山天空カフェテラスの展望テラスは愛犬との撮影スポットにとっておきのスポットです。

横山展望台~詳細~
  • 住所: 三重県志摩市阿児町鵜方875-20
  • 営業時間:(展望台)24時間開放/(カフェテラスミラドール志摩)9:00〜16:30
  • 休業日:年中無休
  • 入場料:なし
  • ホームページ:『横山展望台』

おすすめレジャースポット⑦  「伊勢志摩エバーグレイズ」

グランピングやテント、キャビンが楽しめるアメリカンアウトドアリゾート施設です。

宿泊はもちろんのこと、日帰りバーベキューを楽しむこともできます。
バーベキューは本場アメリカンスタイルで、ワンポンドステーキやビアカンチキンが人気。

他にも、カナディアンカヌーやペダルボート、ファンサイクルなどのアクティビティも充実しています。

施設利用者には併設されている 約800平方メートルもの敷地のドッグランを利用することもできますよ。
ペット専用シャワーもあるのでたくさん遊んで泥んこになってしまっても安心。

愛犬と一緒に本場アメリカンの雰囲気を味わってみてはどうでしょうか。

伊勢志摩エバーグレイズ~詳細~
  • 住所:三重県志摩市磯部町穴川1365-10
  • 電話:0120-592-364
  • 営業時間:(問合せ受付時間)9:00~17:00
  • 休業日:要確認
  • 入場料:犬1匹 2019年9月30日まで800円/2019年10月1日から900円
  • ホームページ:『伊勢志摩エバーグレイズ』

おすすめレジャースポット⑧  「志摩地中海村」

伊勢志摩半島の豊かな自然の中に突然現れるスペインの雰囲気漂うリゾート宿泊施設。

異国情緒あふれるスペインの街並みの雰囲気を楽しむことができる他、中にはドッグカフェもあり、愛犬家たちに人気のスポットです。

宿泊はもちろんのこと、日帰りでも十分に楽しむことができるおすすめスポットです。

志摩地中海村~詳細~
  • 住所: 三重県志摩市浜島町迫子2619-1
  • 電話: 0599-52-1336
  • 営業時間:日帰り10時~17時(最終受付16:30)
  • 休業日:要問合せ
  • 入場料: 大人 500円、子供無料、ペット (1匹)500円
  • ホームページ:『志摩地中海村』

おすすめレジャースポット⑨  「伊勢夫婦岩めおと横丁」

伊勢夫婦岩ふれあい水族館「伊勢シーパライス」に隣接する商店街で、伊勢夫婦岩はパワースポットとしても知られています。

伊勢志摩の海産物をはじめとする名産、銘菓、民工芸品などこの地方のお土産が豊富に扱われているため、見るだけでも楽しむことができますが、一部店舗では愛犬とお買い物や食事を楽しむことのできるおすすめスポットです。

残念ながら隣接する伊勢シーパラダイスはペットの同伴NGですので注意しましょう。

伊勢夫婦岩めおと横丁 ~詳細~
  • 住所: 三重県伊勢市二見町江580
  • 電話: 0596-43-4111
  • 営業時間: 9:00~17:00(季節により変更あり)
  • 休業日:要問合せ
  • 入場料: なし
  • ホームページ:『伊勢夫婦岩めおと横丁』

おすすめレジャースポット⑩  「志摩マリンランド 」

マンボウの泳ぐ水族館と言えばここ「志摩マリンランド」です。

犬を連れて入ることができる水族館で、マンボウやペンギンを間近に見ることができ、巨大な回遊水槽内で海女の餌付けも見ることができます。

キャリーバッグに入るか抱きかかえられる大きさのペットのみ入館可能、愛犬をバッグ内に完全に閉じ込めておく必要はないので、一緒に水族館の生き物を見て回ることができるおすすめスポットです。

志摩マリンランド ~詳細~
  • 住所: 三重県志摩市阿児町神明723-1
  • 電話: 0599-43-1225
  • 営業時間: 9:00~17:00※季節により変動あり
  • 休業日:年中無休
  • 入場料: 大人1,400円、中高生900円、小学生600円、幼児300円
  • ホームページ:『志摩マリンランド』

愛犬とのおでかけ 注意点

ドライブ柴犬

注意点① 施設ごとに定められたルールを守ること

水族館や商店街など犬と一緒に入れる施設などでは、愛犬と利用するためのルールが設けられています。
リード着用、キャリーバッグに入れる、体の一部が出ないようにするなどです。

そういったルールを事前に必ず確認しておくことようにしましょう。

「ペット連れはマナーが悪い!」と周りの人に思われないように、施設のルールと最低限のマナーを守って利用するようにしましょう。

注意点② 最低限のしつけが必須

見知らぬ場所やたくさんの人がいるような場所では、多く愛犬が興奮してしまう可能性があります。
吠える、壊すなどの問題行動を放置しないことはもちろん、いざという時でも飼い主さんの「おすわり」「マテ」などの指示に従えることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です