相性が大切!ヨークシャーテリアの多頭飼いで気をつけることは?


ヨークシャーテリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:テリア(3G)
  • 平均寿命:13~16歳
  • 価格相場:15~25万円
ヨークシャーテリア,犬,外

概要

ヨークシャーテリアはイギリスを原産とするテリア種です。
その可憐な容姿と美しい被毛から「動く宝石」とも呼ばれている犬種です。

ヨーキーは元々愛玩犬ではなく、ネズミを捕まえるための犬として19世紀に作出されました。
しかし、あまりにも美しい被毛を持って生まれたことから評判となり、次第に貴族などの上級階級でペットとして飼われるようになったという歴史を持つ犬です。

日本では「テリア(3G)」に分類されていますが、海外では「愛玩犬(9G)」として分類されている国もあるようです。
「ヨーキー」の愛称で親しまれ、世界中で高い人気を持っている犬種です。

ヨークシャーテリアの身体的特徴

  • 大きさ:超小型犬
  • 体重:2~3kg
  • 体高:15~18cm
  • 被毛:長毛種 シングルコート
  • 毛色:「ダーク・スチール・ブルー&タン」のみだが一生のうちに7回変化する
    「ブラック&タン」「ブラック&ゴールド」「ブルー&タン」「ブルー&ゴールド」など
ヨークシャーテリア,犬,海

【大きさ】

ヨークシャーテリアは、体高15~18cm体重2~3kgの超小型犬です。
チワワ同様、最も小さい種類の犬としてギネスブックに登録されたことがあるほど小さな体をしています。
しかし中には標準よりも大きなサイズになることもあり、5kgを超える個体もいるようです。

【被毛】

ヨークシャーテリアの被毛は、光沢のある絹糸のような細い毛質をしています。

被毛の分け目は鼻の先から尻尾まで左右対称に分かれています。

長毛種で、床まで引きずるほど伸ばすことが一般的な時代もありましたが、現在では短めにカットされていることが多く、様々なスタイルを楽しむことができます。

【毛色】

ヨークシャーテリアの毛色は、一生のうち7回変化することでも知られており、子犬の頃から成犬になった後でも毛色の変化が楽しめる特徴を持ちます。

生まれたときはほとんど黒っぽい「ブラック&タン」ですが、成長と共にシルバーやゴールドのような毛色に変化していきます。
そのため様々な毛色が存在するかと思われがちですが、公認されている毛色は「ダーク・スチール・ブルー&タン」のみとなります。

近年ではチョコレート&タンの毛色も見られますが、これはミスカラーで先天的疾患を持っていることもあり公認はされていません。

ヨークシャーテリアの性格・気質

  • 勇敢で頑固
  • 好奇心旺盛でエネルギッシュ
  • 遊びが大好き!!退屈は苦手
  • 甘えん坊でフレンドリー

ヨークシャーテリアの性格・気質①
~典型的なテリア気質~

ヨークシャーテリアは、その名の通り負けん気が強く頑固な性格をした典型的なテリア気質の持ち主です。
そのため甘やかして育てるとわがままになってしまい、吠えたり噛んだりと問題行動が増えてしまうこともあります。

それでも本来はとても賢く聡明な犬種なので、しつけをしっかり行うことでとても飼いやすい性格へとなってくれるでしょう。

ネズミ捕りのために作出されたこともあり、本能的に小さなものを追いかけたがることもあるようです。

ヨークシャーテリアの性格・気質②
~愛玩犬としての愛らしさも~

小柄ながらも好奇心旺盛で非常に活発なエネルギッシュな犬種です。
そのため、子どもさんの遊び相手になってくれることもあるでしょう。

遊ぶことが大好きで初めての人相手にも人懐こく遊びに誘ってくるようなフレンドリーな一面も持っています。

逆に言うと、退屈が苦手なので留守番ではイタズラしてしまうこともあるようです。
留守番をさせる前には運動や遊びの時間をしっかり確保しておくことをおすすめします。

ヨークシャーテリアは多頭飼いに向いている?

ヨークシャーテリア,犬,白

多頭飼いとは

多頭飼いとは、文字通り複数の犬を同時に飼うことです。

多頭飼いをしている飼い主さんには、飼っている犬種と同犬種を迎えたり、違う犬種を迎えたりとそれぞれですが、いずれも犬を飼うことの楽しさを知ってこその決断だと言えるでしょう。

もちろん経済的負担も頭数分増えるということにはなりますが、それ以上に犬が与えてくれる癒しや楽しさなどのメリットが勝っているのでしょう。

ヨークシャーテリアは多頭飼い向き?

それでは、ヨークシャーテリアは多頭飼いに向いている犬種なのでしょうか。

あらゆる犬種の中には、性格的に多頭飼いに不向きとされている犬種があります。
とくに独占欲が強い、攻撃的、排他的、警戒心が強いといった性格を持っている犬種が多頭飼いに不向きとされています。

具体的な犬種では、日本犬(柴犬など)やペキニーズ、コーギーなどの犬種が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です