チワワの耳の毛はカットするべき?上手なお手入れのポイント


チワワの基本情報

  • 原産国:メキシコ
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:12~14歳
  • 価格相場:15~20万円
ロングコートチワワ

チワワの概要

国内でトップ人気を誇る「チワワ」。
愛らしい容姿、そして世界最小と言われる扱いやすいサイズ感から大人気の犬種です。

そんなチワワは、古代メキシコに存在していた「テチチ」と呼ばれる小さな犬が祖先犬だと言われています。

当初は、その小さな体のせいで使役犬として使うことができず人気も伸びずにいましたが、家庭で飼いやすいサイズであることからペットとして注目されていくことになります。

チワワには「スムースコート」と「ロングコート」の2種類がありますが、元々のチワワは「スムースコート」で、「ロングコート」は20世紀に入ってからアメリカで改良されて誕生することになりました。

以来、チワワは世界中で人気のある犬種へとなりました。

チワワの身体的特徴

  • 体重:1.5~3kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:12~20cm
  • 被毛:「スムースコート」と「ロングコート」の2種類あり
  • 毛色:カラーバリエーションは豊富にあり
チワワ

チワワの身体的特徴

【大きさ】

チワワは、体高12~20cm、体重1.5~3kgの超小型犬に分類されています。
細い手足を持ちますが、体つきは意外とがっちりしていて、頭は大きめです。

【顔】

「アップルヘッド」と呼ばれる丸い頭に、黒目がちな大きな目、口角が上がった顔つきをしています。
耳は大きめの立ち耳で、ロングコートの場合には飾り毛が豊富に生えています。

【被毛】

チワワの被毛には、「スムースコート」と「ロングコート」の2種類があります。

本来のチワワ「スムースコート」は抜け毛の多いダブルコートの犬種でしたが、ロングコートチワワの育種のためにシングルコートの犬種と交配されることで、シングルコートとダブルコートが混在することになりました。
そのため、抜け毛の量は個体によって異なるようです。

また、性別で被毛の量が異なり、オスは耳や尾の飾り毛が長く伸び、毛量もメスに比べ、倍以上に多い事もあるようです。

【毛色】

チワワの毛色には豊富なカラーバリエーションがあり、「ブラック」「フォーン」「レッド」「ピュアレッド」「タン」「ホワイト」「チョコレート」などの単色から、「ブラック&ホワイト」「ブラウン&ホワイト」「ブラック&タン」「ブラウン&イエロー」「セーブル」など様々です。

チワワの性格・気質

  • 明るく甘え上手
  • 警戒心が強く勇敢
  • 保守的で怖がり
  • 賢く物覚えが良い

チワワの性格・気質①
~明るく陽気~

チワワは、明るくて陽気な性格をしています。
飼い主の事が大好きな甘えん坊で、いつも誰かと一緒にいたがり、お留守番を苦手とすることもあるようです。
小さな体に大きな頭を持っており、脳の発達した賢い犬種とも言われているだけのことはあり、学習能力が高い犬種です。

チワワの性格・気質②
~番犬のような性格も~

チワワは、小柄ながらも警戒心が強く、侵入者には厳しい態度を見せることがあり、番犬のような性格を持ち合わせています。
そういった振る舞いから勇敢だと言われていることも多いですが、その内心は怖がりな性格からきているものだと考えられます。
また、傾向として攻撃的な面を見せるのもオスのほうが多いようです。

チワワのトリミング

チワワ、トイプードル,ヨークシャーテリア

チワワにトリミングは必要?

一目見て分かるようにスムースコートのチワワには、トリミングカットは必要ありません。
そしてロングコートのチワワも、実はトリミング犬種ではありません。

ロングコートチワワの被毛は長毛ですが、ある一定の長さまで伸びると止まり、一定のサイクルで抜け落ちていきます。
そのため本来は、トリミングを必要としない犬種となります。

ただし、耳周りや尻尾周り、お腹周りなどの部分的に飾り毛が豊富に生えているため、衛生的に保ったり夏場の暑さ対策として、また、見た目を可愛く整えてもらうためなどを目的に定期的にトリミングをしている飼い主さんが多いようです。

チワワをトリミングするときの注意点

ロングコートチワワの被毛は、一度カットしてしまうと元の長さに戻るまでに多くの時間を要することがあります。

また、カットすることで毛質が変わってしまうこともあるようです。
特にバリカンなどでサマーカットなどを施した場合には、硬い毛質に変わってしまうことが多く見られるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です