キャバリアは多頭飼いに向いている?注意点と成功させるポイント


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア

キャバリアの概要

キャバリアの正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

キャバリアの祖先犬は、16世紀ごろに存在していたと考えられています。
当時は他のスパニエル犬種同様に猟犬として活躍していたようですが、愛玩犬として改良されて作出されたのが「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

名前の「キャバリア」は、″中世の騎士”を意味し、その名の通り気品のある美しい容姿を持っています。
「チャールズスパニエル」という名前からも分かる通り、イギリスのチャールズ1世・2世に愛されていたことでも知られています。

猟犬らしい活発さを持ちながらも優雅な見た目と優しく穏やかな性格を持ち合わせたキャバリアは現在でも世界中で人気のある犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)
  • 毛色:「ブラック&タン」「ルビー」「ブレンハイム」「トライカラー」の4色があり
キャバリア,小型犬,ブラックタン

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
個体によっては小型犬としてやや大きめのサイズとなることもあり、体高より体長がやや長い体格をしています。
がっしりとした骨格を持っていますが、軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的です。
丸く大きな目からは穏やかな印象が感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、長毛のロングコートの犬種で、細くしなやかな毛質をしています。
耳や胸部、四肢に生えている飾り毛が特徴的で、緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。
ダブルコートの犬種のため、抜け毛が目立ちます。

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 活発で人懐こい
  • 優しく穏やか
  • 甘え上手で友好的
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~明るく友好的~

キャバリアは、とても性格が良いと言われれることが多い犬種です。
愛情深く穏やかで、優しい性格をしており愛玩犬らしい性格の持ち主です。

他の犬や動物、人間のことが大好きでスキンシップを取りたがる甘えん坊で、非常に友好的な性格をしています。
寂しがり屋な性格とも言えるため、留守番は苦手とすることが多いようです。

キャバリアの性格・気質②
~活発で恐れ知らずな一面も~

攻撃性が極めて少なく穏やかな性格をしているキャバリアですが、散歩や遊びの場となれば活発で明るい姿を見せてくれます。

好奇心旺盛で友好的な性格から、知らない犬相手でもぐいぐいコミュニケーションを取ろうとすることもあるようです。
そういった恐れ知らずな一面もあるため、相手の犬の様子を伺いながら注意してあげる必要があるでしょう。

キャバリアは多頭飼いに向いている?

キャバリア

多頭飼いとは?

多頭飼いとは、文字通り複数の犬を飼うことです。

犬との暮らしの楽しさを知ってしまうと「もう1匹飼いたい」と考える人も多いでしょう。

多頭飼いをしている飼い主さんには、飼っている犬種と同犬種を迎えたり、違う犬種や保護犬を迎えたり、いつかの日かやって来る愛犬とのお別れの時を考えて2頭目を迎えるという方もいらっしゃいます。

多頭飼いをすることは、飼い主にとって癒しが増える、楽しさが増すといったメリットがありますが、犬にとっても留守番の寂しさが軽減され遊び相手ができたりと、新しい犬との相性次第でより楽しい生活となるでしょう。

多頭飼いに犬種による向き不向きはある?

基本的に犬は群れで生活する動物です。
そのため、どんな犬種でも多頭飼いをすることは決して不可能なことではありません。

ただし、犬にも相性があるため相性が悪い犬同士だとケンカなどのトラブルに発展してしまうこともあります。
また、犬種によっても持ち合わせている性格や気質が異なるため、性格によっては多頭飼いに向いていないとされる犬種もあります。

例えば、独占欲が強く攻撃性を持った犬の場合、新しい犬を迎えることで飼い主へのやきもちからトラブルになりやすく、多頭飼いには不向きだとされます。
他にも排他的な性格をしている犬や警戒心の強い犬は、トラブルを起こしやすいでしょう。
こういった気質を持つ犬種には、日本犬やペキニーズ、コーギー、テリア種などといった種類が上げられます。

それでも、個体によっても性格は異なりますので、多頭飼いに不向きとされる犬種でも他の犬と問題なく共同生活をしている個体も少なくはありません。

一方で、多頭飼いに向いている性格なのは、社交的な性格をした犬です。
社交的な性格をした犬は、トラブルも少なく他の犬とも共同生活しやすいでしょう。
トイプードルやミニチュアダックス、マルチーズなどといった犬種は多頭飼い向きの犬種だと言われています。

キャバリアは多頭飼いに向いている?

キャバリアは、明るく遊び好き、さらに攻撃性の少ないキャバリアはどんな人や犬とも打ち解けやすい性格をしています。
そんなキャバリアは多頭飼いに向いている犬種です。

キャバリア同士の多頭飼いはもちろんのこと、違う犬種とも相性次第で多頭飼いしやすい犬種だと言えるでしょう。

むしろ寂しがり屋で留守番を苦手とするキャバリアは、留守番の寂しさが紛れて遊び相手が増える多頭飼いは、キャバリアにとっても大きなメリットとなるでしょう。

キャバリアを多頭飼いする時の注意点

キャバリアは多頭飼い向きの犬種とは言っても、なるべく仲良くできそうな犬を迎えることが大切です。
犬を選ぶ際には以下の点に注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です