キャバリアにトリミングは必要?被毛のお手入れと注意点


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア

キャバリアの概要

キャバリアはイギリスを原産とする小型犬です。

キャバリアという名前には「中世の騎士」という意味があり、名前の通り気品があり雄々しい印象を受けます。
イギリスのチャールズ1世・2世に愛されていたことでも知られています。

そんなキャバリアの正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」で、日本では「キャバリア」や「キャバ」の愛称で親しまれています。

祖先犬は、16世紀ごろに存在していたと考えられており、当時は他のスパニエル犬種と同様、猟犬として活躍していたようですが、愛玩犬として改良されて作出されたのが「キャバリア キング チャールズ スパニエル」となります。

優しく穏やかな性格を持ち合わせたキャバリアは飼いやすい犬種としても定評があり、初心者にもおすすめの犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)。
  • 毛色:ブラック&タン・ルビー・ブレンハイム・トライカラーの4色
キャバリア,小型犬

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬に分類されています。
個体によって、小型犬としてはやや大きめな印象を受けます。

体高よりも体長がやや長めで、がっしりとした骨格を持っています。
その割には軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的で、丸く大きな目からは穏やかな印象が感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、ロングコートの犬種で、細くしなやかな毛質をしています。
緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。

耳や胸部、四肢に生えている飾り毛が特徴的で優雅な印象を受けます。

ダブルコートの犬種で、上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層の被毛で覆われており、換毛期には抜け毛が目立ちます。

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 活発で人懐こい
  • 優しく穏やか
  • 甘え上手で友好的
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~正真正銘の愛玩犬~

キャバリアはとても性格が良いことでも知られており、愛玩犬として優れた性格を持っています。
愛情深く穏やかで、人の行動をよく観察し気持ちを汲み取ろうとする賢さまで持ち合わせた犬種です。

とても友好的な性格で、他の犬や動物、見知らぬ人に対しても仲良くしようとコミュニケーションを取りたがります。
ただし、一方的にコミュニケーションを取ろうとする恐れ知らずな一面もあるため、他の犬とのトラブルを避けるためにも、相手の様子を伺って注意してあげる必要があるでしょう。

キャバリアの性格・気質②
~万人向きの犬種~

キャバリアはまさに万人向きの犬種とも言えます。

遊び好きで攻撃性も極めて少ないことから小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも安心して飼うことができるでしょう。
また、明るく活発な一面を持ちますが、小型犬で運動量はそれほど多くないので、高齢者が単独で飼育することも可能でしょう。

ただし、あまりにも友好的な性格をしているため、番犬としては向いていません。

また、甘えん坊で留守番は苦手な犬種なため、比較的留守番の少ないご家庭に向いています。

キャバリアのトリミング

キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳.笑う.黒白

トリミングとは?

トリミングとは、毛をカットしてきれいに整えることです。
一般的にはハサミやバリカンを使ったお手入れのことを指します。

犬の被毛には、長毛と短毛、シングルコートとダブルコートなどの種類があり、トリミングが必要な場合とそうでない場合があります。

一般的には、毛が伸び続けるシングルコートの長毛を持つ犬種がトリミングが必要な犬種であることが多いです。
該当の犬種には、プードル・マルチーズ・ビションフリーゼなどが当てはまります。

ちなみに、「グルーミング」という言葉もありますが、グルーミングは全身をお手入れして清潔に保つという意味です。
つまりトリミングはグルーミングの1つに当たります。
他にも、ブラッシングや耳掃除、爪切りといった全身ケアが含まれます。

キャバリアにトリミングは必要?

キャバリアは、ロングコートの犬種ですが、一定の長さまで伸びると一定のサイクルで毛が自然に抜け変わるダブルコートの犬種でもあります。
そのため、本来はトリミングを必要としない犬種となります。

ただし部分的に長い飾り毛が生えいているため、衛生面からや安全面、さらに見た目を良くするためにもトリミングされている飼い主さんが多いようです。

キャバリアをトリミングするメリット

本来はトリミング犬種ではないキャバリアですが、以下のような理由からトリミングされていることが多いようです。

キャバリア,小型犬,ブラックタン

メリット① 抜け毛対策

キャバリアはダブルコートの犬種のため、抜け毛の多い犬種です。
特に換毛期になると多くの抜け毛が目立つようになるでしょう。

トリミングによってアンダーコート(下毛)だけを取り除くブラッシングをしたり、被毛を短くカットすることによって、抜け毛が飛散するのを軽減することができるでしょう。

メリット② 衛生面

キャバリアは、垂れた耳や胸部、四肢に豊かな飾り毛を持っています。
そのため食事の時などに耳の毛がエサ皿に入ったり、床に被毛を引きずってしまったりと何かと汚れがちです。

そこでトリミングで全身を整えてあげることで、衛生的で安全な生活を送ることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です