キャバリアに服は必要?犬服のメリットと選ぶ時の注意点


キャバリアの基本情報

  • 原産国:イギリス
  • サイズ:小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:9~14歳
  • 価格相場:10~25万円
キャバリア,小型犬

キャバリアの概要

キャバリアの正式名称は「キャバリア キング チャールズ スパニエル」です。

キャバリアは19世紀初頭にイギリスで誕生しました。
祖先犬は16世紀ごろに存在していたと考えられており、当時は猟犬として活躍していたようですが、その後愛玩犬として改良され作出されたのが「キャバリア キング チャールズ スパニエル」となります。

名前のキャバリアは「中世の騎士」を意味し、イギリスのチャールズ1世・2世に愛されていたことでも知られています。

優雅な身のこなしと優しく穏やかな性格を持ち合わせたキャバリアは、現在でも世界中で人気のある犬種です。

キャバリアの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:5~8kg
  • 体高:30~33cm
  • 被毛:長毛(ロングコート)
  • 毛色:ブラック&タン・ルビー・ブレンハイム・トライカラーの4色
キャバリア.中型犬.長毛.タレ耳..

【大きさ】

キャバリアは、体高30~33cm体重5~8kgの小型犬です。
個体によって、小型犬としてはやや大きめな印象を受けます。

体高よりも体長がやや長めで、がっしりとした骨格を持っています。
その割には軽やかな歩様と優雅な身のこなしを見せてくれます。

【顔】

平らな額と大きめの垂れ耳が特徴的です。
丸く大きな目からは穏やかな印象が感じ取ることができます。

【被毛】

キャバリアの被毛は、長毛のロングコートで細くしなやかな毛質をしています。
耳や胸部、四肢などに生えている飾り毛が特徴的で、緩やかにウェーブがかっているか強い巻き毛の個体もあります。
ダブルコートの犬種のため、抜け毛があり換毛期には特に多くの抜け毛が目立ちます。

【毛色】

キャバリアの被毛には4種類あり、ブラック地に目の上や頬などにタン(茶色)が入った「ブラック&タン」、白地に茶色が入った「ブレンハイム」、全身が明るい茶色の「ルビー」、ブラック&ホワイトにタンが入った「トライカラー」があります。

キャバリアの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 攻撃性が少なくフレンドリー
  • 愛情深く甘え上手
  • 留守番は苦手

キャバリアの性格・気質①
~明るく陽気で社交的~

キャバリアは、明るく陽気な性格をしています。

飼い主に対しては特に愛情深く、見知らぬ人や他の犬・動物に対しても社交的でスキンシップを求めたがるような性格をしています。
そのため、番犬としては不向きです。

寂しがり屋な性格とも言えるため、留守番は苦手とすることが多いようです。

キャバリアの性格・気質②
~飼いやすい犬種~

キャバリアは、性格面での飼いやすさからも定評がある犬種です。

元々は外で飼育できるように改良された経緯を持つ犬種ですが、非常に寂しがり屋な犬種なため室内飼いが基本となります。

攻撃性が極めて少なく、また忍耐強さも持っていますので、小さな子どもさんがいらっしゃるご家庭でも飼いやすいでしょう。

また、遊びが大好きで外では好奇心旺盛に活発に過ごしますが、室内では飼い主に寄り添い大人しく過ごすこともできるため、高齢者が単独で飼育するのにも向いている犬種です。

キャバリアに服は必要?

犬に服を着せることについては賛否両論があります。

反対派の人としては、「犬に服を着せることは人間のエゴだ」という意見が多いようです。
確かにファッションだけを重視して、犬のことを無視した服の着せ方は人間のエゴになるでしょう。

しかし、犬に服を着せることでメリットをもたらす着せ方もあります。

キャバリアに服を着せる必要はあるのか、まずは服を着せることで得られるメリットから見ていきましょう。

キャバリアに服を着せるメリット

キャバリア,小型犬

メリット① 抜け毛の舞い散りを防止

キャバリアの毛の構造は、ダブルコートという上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重構造になっている犬種です。
そのため、抜け毛の多いことが特徴で、特に換毛期にはより多くの抜け毛が目立ちます。

そこで、犬服を着せることで抜け毛が舞い散る量を減らすことができるようになるでしょう。

とくに公共の場へ出かける場合には、周りの人への配慮を兼ねたマナーの一貫として犬服を着せてあげましょう。
ドッグカフェなど公共施設では服を着せることが入店ルールになっていることも多いですよ。

メリット② 寒さ・暑さ対策

洋服を着せることは、防寒対策にもなります。

キャバリアはイギリス生まれの犬種で、比較的寒さには強い犬種だと言われています。
しかし小型犬は、体温を保温する機能が低いこと、また室内で飼育されているために寒さへの耐性が落ちてしまっていることから寒さを感じやすい個体も少なくありません。
キャバリアも同様、密になった下毛を有しながらも寒がりな個体が多いようです。

そのため、冬場の散歩や外出時の寒さから守ってあげるためにも犬服が役立ちます。
防寒性の高い犬服を着せてあげましょう。

逆に、暑さ対策としても犬服が有効な場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です