トイプードルの子犬が下痢をする原因と対策


トイプードルの子犬は下痢をしやすい!?

子犬はもともと、下痢をしやすい生き物です。
ちょっと寒かったりちょっと食べ過ぎたりしただけでも下痢をします。

2日以内で収まる下痢で、愛犬も元気そうにしているのなら特に問題はないでしょう。

トイプードルが元気がない時は要注意!

しかしトイプードルの下痢が長期に渡る場合や、明らかに愛犬がぐったりして食欲がないという場合は危険です。

病院に連れて行って下さい。

その時にはできるだけ便を持参して、いつぐらいから下痢をしているか言えるようにしておきましょう。

また便の形状もよく観察しましょう。

黒い血が便に混ざっていると、病気の可能性があります。

鮮血が付いている場合は、力み過ぎて肛門が切れてしまったのかもしれません。

この場合は自然に治りますが、不安があれば病院にかかることが大事です。

トイプードルの子犬が下痢をする6つの原因

トイプードルの子犬が下痢をする6つの原因① 気温の変化

急に寒くなった日や、室内と外気温の温度差が大きい時、子犬は下痢をすることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です