トイプードルの子犬が噛む時は?トイプードルが噛む4つの原因と対策


トイプードルの噛みグセは子犬のうちに直そう!

犬の噛みグセは、子犬の頃ならしつけで直すことができます。

成犬になっても噛みグセがあると、プロの手でも直すことは難しいと言われています。

トイプードルに 噛みグセがあると、人間や他の犬に怪我をさせる可能性があり非常に危険です。

また家具をボロボロに壊したりする破壊行動にもつながります。

安心した生活を送るためにも、噛みグセはきちんと直していきましょう。

トイプードルが噛む4つの原因と対策

ではトイプードルの子犬が噛む4つのサインと、そのしつけ方をご紹介します。

トイプードルが噛む4つの原因① 歯がかゆい、ストレス解消

トイプードルは歯が生え変わる時期に家具やスリッパ等を噛んだりします。

かゆいのは仕方がないので、叱ってはいけません。

また犬にとって、噛むことはリラックスの効果もありますので、トイプードルに噛んでもいいおもちゃを与えて、犬の噛む欲求を満たしてあげましょう。

留守が長かったり、散歩が足りなかったりすると家具を破壊して訴えることもあります。

最近のトイプードルの様子を振り返ってみましょう。

トイプードルが噛む4つの原因② じゃれる

遊びたいさかりのトイプードルははじゃれて噛んでくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です