トイ・プードルに洋服は必要!?洋服を着せることのメリット・デメリットは?


トイプードルの基本情報

  • 原産国:フランス
  • グループ:愛玩犬
  • サイズ:超小型犬
  • 平均寿命:12~15歳
トイプードル,白

トイプードルの概要

くるくるとした巻き毛でぬいぐるみのように愛らしいトイプードルは、国内外で高い人気を誇る犬種です。
犬種としては「プードル」にあたり、体高のサイズによって「スタンダード」「ミディアム」「ミニチュア」「トイ」の4つに分類されます。

フランスを原産とする犬種ですが、ドイツから移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬といわれて言われています。
当初は現在のスタンダードサイズのプードルにあたり、荷車を引いたり水猟犬などとして活躍していました。
犬種名のプードルは、ドイツ語の「プーデル」が語源で、水中で泳ぐさまを表わす意味からきています。
そして、その賢さや器用さからさまざまな使役をするために小型化されて生まれたのが「ミディアム」「ミニチュア」そして「トイプードル」になります。

近年でも軍用犬や警察犬、アニマルセラピー犬などとして幅広く活躍しています。

抜け毛が少なくことや飼いやすい性質、見た目の愛らしさからペットとしても世界中で人気のある犬種となります。

トイプードルの身体的特徴

  • 体重:3~4kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:24~28cm
  • 体型:3つのタイプがある「スクエア」「ハイオン」「ドワーフ」
  • 被毛:独特な巻き毛が特徴的
  • 毛色:ソリッドカラー(単色)のみ認められており、
    「ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパン」など
トイプードル

トイプードルの身体的特徴

【大きさ】

トイプードルは、体高24~28cm 、体重3~4kgの超小型犬に分類されます。
JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、成犬時の「背中から地面までの高さ(体高)」を基準として、24~28cmの個体がトイプードルに分類されます。
25cmを下回るさらに小さなサイズは、日本のJKCでは非公認となりますが、タイニープードルやティーカッププードルとしてまた高い人気を持ちます。

【体型】

トイプードルは、体長と体高がほぼ同じ正方形に近い「スクエア」なスタイルが理想とされています。
ただし近年では、足が長めなスタイル「ハイオン」や、足が短いスタイル「ドワーフ」などもペットとして人気を集めています。

【顔】

くりくりとしたアーモンド形の目に、真っすぐなマズルを持ちます。

【尻尾】

尻尾は太く長い上向きの尻尾を持ちます。

狩猟時の怪我防止になるとして断尾が行われていることが一般的でしたが、現在では外観上の理由から生後まもなく断尾されることがあります。

【被毛】

硬めのクルクルと巻いた被毛で、シングルコートからなっています。
抜け毛が少なく、比較的体臭も少ない特徴を持ちます。

【毛色】

JKC(ジャパンケネルクラブ)では、ソリッドカラー(単色)のみが認められています。

基本カラー(原色)は、「ホワイト」「ブラック」「ブラウン」です。
この三色を元に、「シルバー」「ブルー」「グレー」「シルバー」「グレー」「クリーム」「カフェ・オ・レ」「レッド」「アプリコット」「ベージュ」「シャンパン」など多彩な毛色があります。

また、2色以上の「ブラック&タン」や「ホワイトが主のパーティカラー」なども存在していて、アメリカなどの海外では人気があるようです。

トイプードルの性格・気質

  • 明るく活発
  • 誰とでも仲良くなれる社交的な性格
  • 賢くしつけやすい
  • 毛色による性格差も
トイ・プードル

トイプードルの性格・気質①
甘えん坊で活発

トイプードルは明るくて好奇心旺盛、遊ぶことが大好きな活発な犬種です。

飼い主に対してとても愛情深く甘えん坊な性格をしており、小さな子どもさんがいるご家庭から高齢者のご家庭でも飼いやすい犬種と言われています。

さらに、家族以外の人でも犬でも誰とでも仲良くすることができるような社交的な性格で、多頭飼いにも向いている犬種です。

トイプードルの性格・気質②
賢さは犬種トップクラス

小型犬の中で最も高い知能を持つ犬種として知られています。
さらにプードルの中でも最も賢いと言われるほどで、しつけやすく初心者でも飼いやすい犬種です。
ただしその賢さから、しつけを怠ることでわがまま犬になってしまうことも。
反抗期に手を焼いてしまうこともあるようです。
また、警戒心の強さや興奮しやすい一面も持っていて、来客時には吠えてしまう事も。
トイプードルの長所を活かすためには、甘やかしすぎず、しっかりしつけを行う事が必要です。

トイプードルに洋服は必要?

近年では愛犬に洋服を着せている飼い主さんは多いですよね。
それでも犬服を着せることには昔から賛否両論があり、「かわいそう」「人間のエゴ」などの考えから反対派がいるのも事実。中には虐待だと考える人もいます。

確かに元々犬は体全体が被毛に覆われているので、野生では布を身にまとう習慣は当然ありません。
それでも洋服を着せることにはメリットがあります。
その反面でデメリットがあるのも事実です。

愛犬に洋服を着せるかどうか、まずはそのメリットとデメリットの両方を理解して判断する必要があるでしょう。

トイプードルに洋服を着せるメリット

メリット① 暑さや寒さから身を守る

犬は暑さに弱く寒さに強いと言われていますが、トイプードルのような洋犬は日本の気候に適しているとは言えません。
また、室内で飼われることも多く、いつも空調のきいた環境で生活しているために暑さや寒さへの耐性が下がってきていることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です