アメリカンコッカースパニエルの性格からみる多頭飼いの注意点


アメリカンコッカースパニエルの性格と多頭飼いへの適応力

アメリカンコッカースパニエルは、もともとは猟犬として人の役に立つ仕事をしていた犬種です。
そこから改良を重ねられて愛玩犬として飼われるようになりました。
艶のあるロングヘアーでゴージャスな見た目ですので、気品が高く大人しい性格をしているようなイメージですが、とても活発で人懐っこい性格をしています。
このギャップに魅了される人も少なくありません
また、明るく陽気で、とても楽天的な性格をしています。
頭も良く、飼い主との主従関係をしっかり結ぶことができます。
注意力や洞察力も優れています。
ただし、感受性が豊かで、神経質な一面もありますので、厳しくしつけるのには向かない犬種です。

アメリカンコッカースパニエルは基本的な性格は温厚で、人や他の犬に対して社会性や協調性もあり、とても飼いやすい犬種と言えるでしょう。

このように、社会的で友好的な性格をしているので、他の犬にも尻尾を振りながら近づいて行くことも多く、多頭飼いに向いていると犬種と言えます。
しかし、何も考えずに多頭飼いを始めてしまうと犬にとってストレスになってしまう場合があります。
新しく犬を迎え入れる際の注意点について説明します。

多頭飼いをする上での注意点①〜犬種・性別〜

まずは犬種についてです。
アメリカンコッカースパニエル同士だと、友好的な性格同士ですので問題が起こりにくいですが、気が強い性格の犬種を迎え入れると、相性が合わない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です