アメリカンコッカースパニエルの安全に暮らすための室内環境


肉球の間の毛はこまめにカット

どの犬にも言えることですが、特にアメリカンコッカースパニエルは被毛が多く、足元をわざとふわふわにブーツカットにしていることも多いですよね。
今回注目したいのは足の裏なんです。

かわいい肉球がありますが、その間から毛が生えていて、それをこまめにカットしてあげないとどんどん伸びて肉球を覆い、その伸びた毛が原因で、特にフローリングの家では滑りやすくなってしまいます。
アメリカンコッカースパニエルは、活発に動くことが好きなので、家の中を走って滑り、膝や関節を悪くすることがないように注意しましょう。

暑さに弱いので、夏の温度に注意

アメリカンコッカースパニエルの被毛はダブルコートです。
シングルコートの犬でも暑い夏は、体に熱がこもりやすく熱中症に注意しなければなりません。
それがダブルコートのアメリカンコッカースパニエルとなれば、さらに注意が必要です。

室内はエアコンで23〜24度を保つようにすることと、場合によっては夏だけサマーカットにすることも涼しく過ごす方法です。
犬は気温22度で湿度が60%を超えると熱中症の危険があります。
家の中でサーキュレーターを使うことで、空気を循環させるのも効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です