アメリカンコッカースパニエルのオスとメス性格に違いはあるの?

アメリカンコッカースパニエル の基本情報

アメリカンコッカースパニエル は中型犬でありながら、小型犬が人気の日本でも定番の人気があります。

愛らしい顔立ちが魅力的なのはもちろんですが、性格の良さも人気の理由の1つになります。

大変温厚で社交的なので、老若男女、他の動物たちとも仲良く遊ぶことができ、犬を飼うと言う醍醐味を味わうことができます。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:11~13kg
  • 体高:36~38cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:単色、パーティーカラー、トライカラー、など20種類以上の毛色の組み合わせあり
  • 平均寿命:15歳
  • 価格相場:13万円~(血統の良さ、スタンダードに近いルックス、珍しい毛色、どこから購入するかなど、条件により50万円を超えることがある)

元猟犬だったアメリカンコッカースパニエル は、豊かな被毛に覆われていて分かりにくいのですが、筋肉質なガッチリした体格をしています。

毎日一定の運動量が必要になり、運動不足や食べ過ぎなどで太りやすいという体質でもあるので、運動と食事の管理が大切になります。

アメリカンコッカースパニエル のチャームポイントである長い垂れ耳は、構造上、中が蒸れやすく炎症を起こしやすいので、清潔を保つようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 温厚
  • 社交的
  • 人が大好き
  • 賢く集中力がある
  • 好奇心旺盛で楽しいこと大好き
  • 留守番(孤独)が嫌い
  • 警戒心がない

アメリカンコッカースパニエル は常に楽しいことを探して歩いているのか?というくらい、陽気に動き、家族を飽きさせることがありません。

また大変社交的なので、ドッグランなどに連れて行っても、他の犬とも仲良くできることが多く、苦労することは少ないでしょう。

しつけトレーニングに関しても、元々猟犬であったので、飼い主さんのいうことを集中して聞く能力に長けているので、トレーニングの仕方さえ間違えなければ、さほど苦労なくトレーニングをすることができます。

体格に違いはあるの?

アメリカンコッカースパニエルの体格は、全体的にがっしりとしていて太く真っすぐな前脚が特徴的です。

大きさは、オスとメスで少し違いがあり、オスは体重7~14kg、体高37~39cmで、メスは体重7~14kg、体高34~37cmと、オスの方がやや大きめの体格をしていることが多いです。

そしてアメリカンコッカースパニエルは体力が多く、運動がたくさん必要な犬種です。

1日に朝晩2回30分程度のお散歩が必要ですが、体格が良いオスの方が、より体力が多く運動量も多く必要となるので、お散歩も1回30分以上の時間のお散歩にしてあげた方が良いでしょう。

その為オスを飼う場合は、時間と体力があるご家庭に向いていると言えるでしょう。

オスとメスでの性格の違い

犬は全般的に、オスは性格がはっきりしていてわかりやすく、より活発な傾向があり、メスは穏やかで頑固な一面が出る傾向にあります。

アメリカンコッカースパニエルの基本的な性格は、穏やかでありながら明るく活発で、甘えん坊な面を持ち合わせており性格が良いことが魅力の一つです。

それではオスとメスの違いは、オスが、メスよりも活発で甘えん坊な面が強く出る傾向があるようです。

少し子どもっぽい印象を受けますね。

それに比べてメスは、穏やかな面が強くでる傾向にあります。

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

しかし、メスは発情期の周期によって情緒不安定になったりということもあります。

そういった性格の違いも理解した上でどちらの性別にするか決める方が良いでしょう。

性別に合わせた注意すること

それでは、性別によってどのようなことに注意してあげた方が良いでしょうか。

オスは、メスよりも運動量が多いことから、運動不足やストレスが溜まらないように注意してあげましょう。

また、甘えん坊な面が強いので、長時間のお留守番は向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です