アメリカンコッカースパニエルのオスとメス性格に違いはあるの?


体格に違いはあるの?

アメリカンコッカースパニエルの体格は、全体的にがっしりとしていて太く真っすぐな前脚が特徴的です。
大きさは、オスとメスで少し違いがあり、オスは体重7~14kg、体高37~39cmで、メスは体重7~14kg、体高34~37cmと、オスの方がやや大きめの体格をしていることが多いです。

そしてアメリカンコッカースパニエルは体力が多く、運動がたくさん必要な犬種です。
1日に朝晩2回30分程度のお散歩が必要ですが、体格が良いオスの方が、より体力が多く運動量も多く必要となるので、お散歩も1回30分以上の時間のお散歩にしてあげた方が良いでしょう。
その為オスを飼う場合は、時間と体力があるご家庭に向いていると言えるでしょう。

オスとメスでの性格の違い

犬は全般的に、オスは性格がはっきりしていてわかりやすく、より活発な傾向があり、メスは穏やかで頑固な一面が出る傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です