アメリカンコッカースパニエルを飼うときに注意しておきたいこと


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

  • 原産国:アメリカ
  • サイズ:中型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:12~15歳
  • 価格相場:17~25万円

アメリカンコッカースパニエルの概要

ディズニー映画「わんわん物語」のモデル犬として有名なアメリカンコッカースパニエル。
優雅な見た目とは裏腹に「メリー(陽気な)コッカー」と呼ばれるほどの明るい性格の持ち主で、そのギャップに魅了される人も少なくありません。

そんなアメリカンコッカースパニエルは、名前の通りアメリカを原産とする犬種です。
祖先犬はスパニエル系の犬で、「コッカー」は鳥のヤマシギを意味し、当時はイギリスで小さな猟犬として活躍してました。
1620年、メイフラワー号で最初の移民が2頭の犬を連れてアメリカへ渡ったという話は有名ですが、その中にアメリカンコッカースパニエルの元祖となった犬、イングリッシュコッカースパニエルがいたと伝えられています。
そしてアメリカで愛玩犬として育種され誕生したのがアメリカンコッカースパニエルです。

長いたれ耳に彫深いチャーミングなお顔、そして人懐こくて欠点の少ない性格から根強い人気を維持し続けている犬種です。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 体重:11kg~13kg
  • 大きさ:中型犬
  • 体高:36cm~38cm
  • 被毛:長毛
  • 毛色:「ブラック」「アスコブ(ブラック以外の単色))」「パーティカラー(2色以上)」の3つに分類。豊富なカラーがあり。
アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.首輪

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

【大きさ】

アメリカンコッカースパニエルは、体高36cm~38cm、体重:11kg~13kgの中型犬に分類されます。

元々は猟犬として活躍していただけに筋肉質な体をしています。
体力があり身体能力も高いです。

四肢は前足がまっすぐなのに対し、後ろ足は傾斜しているのが特徴となっています。

【顔】

顔の彫りが深めで優し気な顔つきに、ウェーブのかかった長い垂れ耳が最大の特徴です。

間違われやすいイングリッシュコッカースパニエルと違う点としては、頭頂部がやや平らで、口先が短めに詰まっている特徴があります。

【被毛】

アメリカンコッカースパニエルの被毛は、毛質が絹のようにきめ細かい長毛で、ストレートタイプとウェーブタイプの2種類があります。

イングリッシュコッカースパニエルよりも毛量が多く、特に耳周り、胸、腹、四肢には飾り毛があります。

ダブルコートで抜け毛の多い犬種となります。

【毛色】

毛色は大きく分けて「ブラック」「アスコブ(ブラック以外の単色))」「パーティカラー(2色以上)」の3種類に分類されますが、実に様々なカラーが存在します。

「アスコブ(単色)」では、「ブラック」の他に「クリーム」「ダークレッドブラウン」があり、いずれも、飾り毛の明るい色調、胸及び喉にみられる少量のホワイトは認められています。
パーティ・カラーは、ホワイトを含む2色以上で構成されています。
ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイト及びローンそれぞれの色のタン・ポイントを含みます。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 明るく陽気
  • おおらかで人懐こい
  • 好奇心旺盛
  • しつけやすい犬種
アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.海

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質①
~明るく優しいメリー(陽気な)コッカー~

アメリカンコッカースパニエルは欠点の少ない性格の持ち主です。
明るく陽気、好奇心旺盛で遊ぶことが大好きなので小さな子どもさんの遊び相手にも、また他の人や犬に対してもフレンドリーに接する事ができるので多頭飼いにも向いています。

ただ、甘えん坊で一人で過ごすことをあまり好まないため留守番を苦手とすることがあります。

ファミリーにおすすめの犬種で、家族の中のムードメーカーになってくれるようなとても明るい性格をしています。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質②
~しつけやすい犬種~

アメリカンコッカースパニエルの元祖は猟犬ですので、賢くて飼い主に従順な性格をアメリカンコッカースパニエルもしっかり引き継いでいます。
そのため、家庭犬としてもしつけやすい犬種です。

感受性が豊かなので、叱るよりも褒めて伸ばしてあげると良いでしょう。

アメリカンコッカースパニエル飼うときに注意したいこと

運動大好き。お散歩+遊びを取り入れて

アメリカンコッカースパニエルは、元は鳥猟犬として活躍していたこともあり、体力や知恵に富んでいます。

体重も10kg越えのそれなりのサイズもあるため、運動量は多く必要です。
朝晩2回、1回当たり30分~1時間程度のお散歩をしてあげましょう。

それでも、見た目の可愛さからは想像できないほどタフです。
散歩が足りていないようであれば、散歩時間を長くしたり室内でボール遊びをする、休日にはドッグランでボール遊びなどをしてたくさん遊びに連れて行ってあげると良いでしょう。

留守番は苦手。トレーニングが必要

甘えん坊で人懐こい分、留守番を苦手とする子が多いようです。

吠え癖は少ないものの、留守番中の寂しさからイタズラや破壊行動に出ることもあります。

普段から一人で上手に過ごせるようにすること、そして留守番トレーニングを行っておきましょう。

また、とてもタフな犬種ですので、体力が有り余っていて、飼い主さんの留守中にイタズラしている可能性も考えられます。
散歩量や遊びの時間を増やしてみると上手にお留守番できるようになることもあるでしょう。

叱るよりも褒めるしつけ。

アメリカンコッカースパニエルは感受性が高いため、叱られると凹んでしまって覚えられないことがあります。
基本的には、褒めて伸ばしてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です