アメリカンコッカースパニエルの交配相手の選び方と注意点


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

アメリカンコッカースパニエルといえば、大きな垂れ耳と豊かな被毛、そして、愛嬌ある優しい顔立ちが魅力的な犬種になります。

中型犬は大きすぎるのでは…と悩むことがあるかもしれませんが、小型犬では味わえない存在感があり、大型犬ほど大きくなく、ちょうどいいサイズではないでしょうか。

また、アメリカンコッカースパニエルの人気の理由の1つに、性格の良さがあります。

大変人懐こく、誰とでも仲良くなれ、常に家族を楽しませようとしてくれます。

そんなアメリカンコッカースパニエルなので、1度飼うとアメリカンコッカースパニエル以外は飼いたくない!と虜になってしまうことが多々あります。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:11~13kg
  • 体高:36~38cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:単色、パーティーカラー、トライカラー、など20種類以上の毛色の組み合わせあり
  • 平均寿命:15歳
  • 価格相場:13万円~(血統の良さ、スタンダードに近いルックス、珍しい毛色など、様々な条件により50万円を超えることがある)

アメリカンコッカースパニエルは大変豊かな被毛を持っているので、外見からは想像できませんが、元猟犬ということもあり、ガッチリと筋肉質な体を持っています。

また、美しい被毛を持っていますが、お手入れとしては毎日のブラッシングと、定期的なトリミングが必要になります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • ポジティブ思考
  • 家族と一緒にいるのが何よりも好き
  • フレンドリーで誰にでも友好的
  • 集中力があり物覚えが早い
  • 孤独が嫌い
  • 警戒心がほぼない

アメリカンコッカースパニエルは大変優しい性格をしていて、知らない人やよその犬とも仲良くできる個体が多く、ドッグランデビューもすんなり出来てしまうことが多い傾向があります。

また、小さい子供がいる家庭でも、子供の面倒を見ようとする優しさを見せることがあります。

唯一欠点があるとすれば、孤独を嫌いますのでお留守番が苦手なことが多く、早いうちからお留守番トレーニングなどをし、少しでもストレスを溜めることがないようにする必要があります。

そして、縄張り意識や警戒心があまりないので、番犬には向いていないでしょう。

アメリカンコッカースパニエルの交配について

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

飼い犬の犬種に魅了されている場合、飼い犬を交配させ、同じ犬種の子犬が欲しいと考えることもあると思います。

アメリカンコッカースパニエルもとても魅力的な犬種ですので、そのように思う飼い主も少なくありません。

しかし、初めて交配させる場合、分からないことがたくさん出てきます。

ここでは、交配相手の選び方や交配の時期、注意点について紹介します。

知識がなくてもアメリカンコッカースパニエルの交配はできる?

うちで飼っている愛犬のアメリカンコッカースパニエルがかわいくて、出来るならその子を見てみたい!!

飼い主なら一度や二度考えることですよね。

そこで決心して、交配相手を見つけて子犬を~となった場合、ある程度の知識はお持ちでしょうか?

とにかく相手が見つかり、交配できればポーンっとかわいい子犬が生まれてくるなどと、安易な考えで交配をするのは大変危険なので、絶対やめましょう。

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語..山.

交配は、ブリーダーという職業があるほど専門的なことになり、真剣にこだわっていい子犬をと考えると、本当に奥が深いものになります。

素人同士が何の知識もなく、ノリでするべきことではないので、まずは交配について勉強することと、必要ならば獣医さんに相談したり、プロのブリーダーさんの助けを求めるなりして、ただ欲しいではなく、愛犬のアメリカンコッカースパニエルと生まれてくるであろう未来の子犬たちを真剣に守んだ!という思いで、向き合いましょう。

アメリカンコッカースパニエル交配で起こり得るリスクを知ろう

アメリカンコッカースパニエルの交配は、確かにかわいい愛犬の子犬を見ることができます。

しかし、いいことだけではないことを、きちんと知っておく必要があります。

まず、交配で起こり得ることとして、

  • 母犬の体への負担がかかり、命をなくすこともあり
  • 死産になる可能性はゼロではない
  • 奇形や先天性の疾患を持って生まれてくることもある

などがあります。

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

どれも未然に防ぎ切れるものではなく、予想もせず起きることがほとんどになります。

そういったことが起きても対処できるよう、万が一のリスクについてしっかり考えておきましょう。

アメリカンコッカースパニエルの交配前は必ず遺伝性疾患チェックを!!

かわいく健康な子犬を生ませるために、必ずしておきたいことが遺伝性疾患チェックになります。

これはオスメス両方ともすることと、できればそれぞれの家系を遡り、数代前から遺伝的疾患を持っていた個体がいないかチェックすることをおすすめします。

仮に両親犬が健全であったとしても、何代か前にそういった疾患を持っていた個体がいた場合、生まれてくる子犬に受け継がれてしまう可能性があります。

病院

アメリカンコッカースパニエルの交配の種類

一言に交配といっても、どんなパートナーを選ぶかで呼び方が違ってきます。

ひと通りご紹介いたしますので、参考になさってください。

◆インブリーディング(近親交配)◆

親子や兄弟姉妹という1番血縁関係が近い犬同士で交配します。

長所を引き継ぐ可能性は高くなりますが、奇形や先天性疾患を起こしやすいのでかなりの知識が必要になります。

◆ラインブリーディング(系統繁殖)◆

インブリーディングよりも遠い血縁で交配します。

そのため、奇形などのリスクがインブリーディングよりも低くはなります。

◆アウトブリーディング(遠親繁殖)◆

血縁的にも系統的にも関係のない犬同士の交配。

奇形などのリスクは低いですが、安定した性質の犬は生まれにくい傾向があります。

交配相手の選び方

交配相手の選び方は様々あります。

ネットやペットショップなどでも交配相手を募集している場合があります。

しかし、一般の飼い主同士で交配するため、トラブルがつきものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です