ポメラニアンとの主従関係とは信頼関係を築くこと


犬と人の主従関係の変化

昔と今は、犬に求めるものが変わってきました。
昔は番犬としての要素が大半でしたが、今では「家族」として犬との繋がりを重要視するようになりました。
なので、大半が室内で飼われています。

また昔と違い、闇雲に上から押さえつけるような、主従関係の押し売りはされなくなりました。
なぜなら「家族」は愛情から成り立ち、主従関係は力ではなく、信頼から生まれるものだからです。

人と犬のいうカテゴリを超え、信頼関係から生まれる絆は、時に人との繋がりよりも強いことを、私たちは知りました。

ポメラニアンと信頼関係を築く

ポメラニアンは見た目通り、気品がありプライドが高く、勝気です。
その一方、怖がりで警戒心が強い面も持っています。
そして、ポメラニアンが人の心を掴む理由。
一度心を開き、信頼を築いた人に対しての忠誠心はすごく強いんです。

自信家なポメラニアンが人と信頼関係を築き、いい関係を持てれば、ただでさえコットンボールのような愛らしいルックスなのに、飼い主にぴったりと順応なその可愛さは倍増以上になり、飼い主を間違いなく虜にしてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です