ポメラニアンが噛む原因と噛み癖の直し方について

そもそも、どうして噛み癖がつくの?

犬の噛み癖は人間にとってみれば紛れもなく『問題行動』ですよね。
ですが、ポメラニアンに限らず、犬にとって噛むという行為はごく自然な行為であり、本能であるという事を私たちは理解しなければなりません。
犬にとって噛む行為は意思表示の1つであり、怖い時や驚いた時、エサや好きなおもちゃを取られないように守りたい時、妊娠中や極度のストレス状態の時などに噛む行為が見られます。

また、噛み癖がついてしまった犬の中には、母や兄弟とのすりこみ時期が短かったことが原因の場合があります。
本来であれば産まれて4週から7週の間は母や兄弟と生活しながら愛情や犬社会を学びます。
兄弟でじゃれあったり母犬に怒られたりすることで、噛むと痛い事や加減を理解する大切な時期なのです。
ですが、ペットショップなどで売られている子犬の中には比較的早いうちに母や兄弟と離され、十分な学びをせぬまま成長してしまい、結果的に情緒が安定せずに不安から噛んでしまう犬になってしまう事があります。
その他の原因としては間違ったしつけやひどい体罰を経験した犬は我が身を守るために防衛反応として噛む事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です