ポメラニアンのトイレについて。トイレトレーニングやトイレのタイミングは?

ポメラニアンの基本情報

ポメラニアン,柴犬カット

ポメラニアンは詰まったボディにふわふわのコットンのような被毛をまとい、細く小さな足で足早に歩く姿は、見る人の目を奪うほどのかわいさと美しさを持ちます。

好奇心旺盛で、常に楽しいことを探しているように動き回り、一緒に生活をしていて飽きることがありません。

また、見た目は大変かわいらしい姿をしていますが、実際は勇敢なところがあり自分よりも大きなものに向かっていく強さも持っています。

ポメラニアンの身体的特徴

  • 大きさ:小型犬
  • 体重:1.8~2.5kg 
  • 体高:18~22cm
  • 被毛の長さ:長毛腫
  • 被毛のタイプ:ダブルコート
  • 毛色:オレンジ、ホワイト、ブラック、レッド、クリーム、ブルー、ビーバー、チョコレート、オレンジセーブル、ウルフセーブル、ブラックタン、パーティーカラー など多数。JKCで認められていない毛色も多数あり
  • 平均寿命:12~16歳
  • 価格相場:15~30万円(購入場所やポメラニアン自身の条件によっては価格相場より高くなることあり)
ポメラニアン,白

ポメラニアンは顔と四肢を除いて豊富な被毛で覆われています。

被毛はダブルコートの長毛種であることから、抜け毛は少ないとはいえません。

顔つきにはたぬき顔ときつね顔の2種類があるといわれていて、

たぬき顔… マズルが短く丸みのある顔つきで、コロンとしたぬいぐるみのような見た目になります。成犬になっても幼さが残る印象で、比較的小さめに育つといわれています。

きつね顔…マズルが長いのが特徴で、先祖であるスピッツの血を濃く引き継いでいるタイプになります。ポメラニアンのスタンダードな姿はきつね顔のポメラニアンになります。

という特徴があります。

ポメラニアンの性格・気質

  • 賢く物覚えが早い
  • 感受性が強い
  • 好奇心旺盛
  • 警戒心が強い
  • 家族大好き
  • 自立心がある
  • 怖いもの知らず
ポメラニアン,茶色

ポメラニアンは好き嫌いがハッキリしていて、考えていることはポメラニアンを見ていればわかるほどです。

気に食わないことやしたくないことがあると、頑なに動かなくなることがあります。

また警戒心も強いので、子犬期の頃から苦手なことを作らないようにさせ、早くからいろんなものに触れさせることで、必要以上にいろいろなものに警戒し、ガウガウ犬にしないようにすることが重要になります。

またしつけに関しては、賢く物覚えが早いので、ポメラニアンが持つプライドを傷つけないように、褒めて伸ばす方法を徹底することで、比較的早くさまざまなことをマスターしてくれます。

ポメラニアンについて

小さくてホワホワでぬいぐるみのようにかわいい外見と、勇敢で活発な性格を兼ね合わせたポメラニアンですが、実は知能も高く、比較的しつけがしやすい犬種ともいわれています。

物事を理解しようとする志しも高いので、上手に教えてあげることによってしっかりとトイレができるようになるでしょう。

今回はそんなポメラニアンへのトイレトレーニングの方法やタイミングについてご紹介します。

ポメラニアンが子犬のうちにしっかりと

ポメラニアン,柴犬

家族の一員として迎え入れることになりお家に来たその日、その時から始まる試練と言えば、なんといっても『トイレ事情』ですよね!

ポメラニアンの子犬がまだトイレを上手にできないというのは当然のことなのですが、ポメラニアンの子犬の時期に間違ったトイレトレーニングをしたり、まだ子犬だからとしっかり教えてあげないままで何となく過ごしてしまい、成犬になっても上手にトイレが出来ずに困っています…という飼い主の声も少なくはありません。

成犬からしつけ直すのは容易な事ではありませんので、何でも物事を吸収するポメラニアンの子犬のうちにしっかりと覚えさせてあげる必要があります。

トイレトレーニング完了までは飼い主にとっても根気が必要になりますが、人間の赤ちゃんも3歳ぐらいまではおむつをしていることを思えば、犬はなんて短期間の勝負です。

短期間の勝負と思って、ポメラニアンの子犬と共にトレーニングを頑張って乗り越えていきましょう。

トイレトレーニングがいつから始める?

トイレ

ポメラニアンの子犬を飼い始める場合、たいてい生後2ヶ月~になるでしょう。

大変かわいい時期で、しつけトレーニングはまだ早いのではとためらってしまいます。

ですが、自宅に迎えてすぐ開始するのがトイレトレーニングになります。

至るところでトイレをすることが習慣になってしまっては、それを直すのに大変苦労します。

トレーニングと構えるわけではなく、生活の一部としてトイレを学習させるようにしましょう。

ポメラニアンのトイレのタイミングを把握しよう

トイレへの成功のカギを握るためには、まずは飼い主が子犬の排泄間隔や排泄前の動作について把握しましょう。

ポメラニアンの子犬の頃は排泄間隔が一時間から二時間と短く、飼い主が大体の排泄間隔を把握して排泄を促してあげることにより成功の確率が上がります。

成功して褒められる回数が増えていくことによって子犬も少しずつ覚えていきますので、しばらくは目が離せなくて大変だと思いますが、注意深く見守りましょう。

特に排泄しやすいタイミングについてはこちらになります。

  • 寝て起きてしばらく
  • 沢山動いて遊んだあと
  • 食後しばらく
  • おやつを食べたあと
  • 水を飲んだあと

また、床の臭いをクンクン嗅いでいたり、クルクル回っている時は排泄前にしやすい動作ですので、これらの動作をしている時はすぐにトイレに連れていき、排泄を促してあげましょう。

ポメラニアンのトイレトレーニングを始めよう!

場所について

家に迎え入れて一カ月ほどは、サークル内で過ごさせるのがいいでしょう。

クンクン鳴いて訴えたりするとつい可愛そうかな…と思って室内で自由開放してしまいがちです。

しかし、本来犬にとっては狭い場所の方が落ち着きますので、おもちゃを入れてあげたり食事や水もサークル内で徹底するなど、居心地のいい環境を作ってあげましょう。

そして、まず最初はサークル内前面にトイレシーツを敷き、排泄したらすぐに取り換えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です