柴犬が安全に暮らすための環境!室内飼いも外飼いもできるって本当?


 

柴犬が安全に暮らせる室内環境とは?

柴犬は神経質な一面があるのでサークルを設置し、落ち着いてくつろげるスペースを用意 してあげましょう。
サークルの大きさは柴犬が方向転換できるぐらいのサイズで十分です。

犬は狭いところを好む習性があります

広いほうが動き回れてよさそうに感じますが、犬は狭いところを好む習性があるので、必要以上に広いとかえって落ち着かなくなってしまします。

最初のうちは慣れないかもしれませんが、サークルにバスタオルや毛布などを覆って薄暗くすると、徐々に落ち着いていきます。

また、トイレはサークルの隣りに置きがちですが、排泄は寝床から離れたところでするので、サークルから少し距離をとったところに置くようにしましょう。

柴犬は噛むのが好き?噛んで遊べるおもちゃでエネルギー発散!

そのほか、柴犬は噛むことを好む傾向があるので、噛んで遊べるロープのおもちゃなどを用意し、エネルギーを発散できる環境を作ったほうがよいでしょう。

ストレスが溜まると、柴犬が部屋に置いてあるものを噛んで傷つけたり、壊したりしてしまうことがあるので気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です