スコティッシュテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


スコティッシュテリアの基本情報

スコティッシュテリアはスコットランド原産のテリア犬です。

「ダイハード(最後まで抵抗する頑固者」というニックネームもあるほど、典型的なテリア気質の持ち主です。

「スコッティ」の愛称で親しまれていて、多くの有名人の愛犬として、アニメなどのモデル犬としても愛され続けています。

スコティッシュテリアの歴史

時間

歴史① ~ルーツ~

スコティッシュテリアは名前の通りスコットランド原産の犬種です。

スコットランドのテリア種としては最古の犬種だと考えられています。

元々スコットランドには多くのテリア種がいましたが、その多くのテリア種が総称されてスコティッシュテリアと呼ばれていました。

しかし、愛好家たちによって犬種の確立と分類が進められ、1880年頃、現在のスコティッシュテリアの犬種スタンダードが決まることになります。

歴史② ~狩猟犬としての歴史~

スコティッシュテリアは駆除犬や狩猟犬としても活躍していました。

農場での害獣駆除や、アナグマ・キツネなどを狩ること優れ、巣穴まで潜りこんで獲物を追いかけていくことを得意としていました。

スコティッシュテリアの尻尾は、巣穴に盛り込んだスコティッシュテリアを飼育者が尻尾を掴んで引っ張りだすために強く丈夫に改良されたと言われています。

歴史③ ~大統領に愛された犬~

1883年にはアメリカに持ち込まれました。

そして、フランクリン・ルーズベルト大統領がスコティッシュテリアを飼育したのをきっかけに、その人気はアメリカ中で一気に高まることとなります。

ルーズベルト大統領が飼っていたスコティッシュテリアは「ファラ」と名付けられ、どこに行くにも一緒でとても可愛がられていました。
現在は、ルーズベルト大統領の墓の側で埋葬されています。

ルーズベルト大統領はファラの前にも「ダヴィー」という名前のスコティッシュテリアを飼育されていたスコッティ愛好家です。

記憶に新しいブッシュ前大統領も2匹のスコティッシュテリアを飼育されていました。

スコティッシュテリアの特徴

  • 筋肉質な小型犬
  • 大きな頭部と顎ヒゲ
  • ワイヤー状の硬い毛質
  • 毛色は、ブラック・ウィートン(小麦色)・ブリンドル

特徴① ~大きさや身体的特徴~

スコティッシュテリアは、体高25~28cm、体重8~10kgの小型犬に分類されます。

短い脚に、骨太のがっちしりした体躯をしています。
特に首や背中、腰は弾力のある筋肉質な体型をしています。

大きな頭部に、顎ひげが特徴的です。

特徴② ~被毛の種類と毛色~

スコティッシュテリアの被毛は、長毛のダブルコートで、柔らかく密生したアンダーコートと、ワイヤー状の硬いオーバーコートの二重構造になっています。
胸下やお腹、おしり回りなどに生えているスカートと呼ばれる長い被毛が特徴的です。

毛色には、ブラック、ウィートン(小麦色)、ブリンドルなどがあります。

スコティッシュテリアの価格相場

子犬の価格相場

スコティッシュテリアの子犬の価格は、だいたい15万円~25万円くらいです。

子犬の価格は、その子犬の「毛色」「血統」「容姿」「月齢」「性別」「毛色」などから決められています。

スコティッシュテリアの価格に最も影響を与えるのは「血統」で、ドッグショーで活躍した親犬を持つ場合には「優良血統」として50万円を超えるほどの金額がつくこともあるようです。

また、ドッグショーに適した容姿を持つ子犬の場合でも高めの価格設定となるようです。
反対に、月齢が経つほどにその価格は下がる傾向にあります。

子犬はブリーダーから

日本のペットショップでは、チワワやトイプードルなどの人気のある小型犬をメインに取り扱う傾向があります。
そのため、スコティッシュテリアをペットショップで見かけることはほとんどありません。

スコティッシュテリアの子犬を迎えるならブリーダーから迎える方法が一般的となります。

スコティッシュテリアは遺伝性疾患の多いと言われる犬なので、ブリーダーを選ぶ際にはこのような疾患に対して配慮を怠っていないかを確認しておくようにしましょう。

また、スコティッシュテリアの持つテリア気質から飼いやすい犬種とは言えません。
そのため飼い方やしつけ方などのアドバイスがもらえるような関係性をブリーダーと築いておくことをおすすめします。

スコティッシュテリアの性格・気質

  • 飼い主に対して愛情深く忠実
  • 典型的なテリア気質
  • 頭は良いが、子犬の頃が鍵!!
  • 他の犬や動物は苦手

性格・気質①
~内気だけどやんちゃな性格~

スコティッシュテリアは小型犬ながらも、とてもパワフルで遊びが大好きな活発な性格をしています。

内気なので知らない人には距離を置くことがありますが、基本的には人に対して友好的です。

飼い主に対しても時につかず離れずの関係を好むときもありますが、根本的には非常に愛情深く誠実な犬種で甘えん坊な面も見せてくれます。

性格・気質②
~「ダイハード(最後まで抵抗しない頑固者)」と呼ばれる犬~

典型的なテリア気質の持ち主でもあり、自信に満ち溢れ、頑固で気難しい性格でもあります。

飼い主に対して従順で律儀な性格でもあるので、しつけは根気強く行えばしっかりと覚えてくれるでしょう。
ただし、成長すればするほどしつけが入りにくくなるため、子犬期からしっかりしつけていくことが必要です。

他にも、負けん気の強さから知らない犬へケンカを仕掛けることや、猟犬としての名残から小動物を見ると追いかけたがったり、地面を掘り返すということもあるので注意が必要です。

性格・気質③ ~オスとメスの違い~

スコティッシュテリアのオスは、メスよりも気性が強い面がありますが、飼い主に対する甘えん坊度もメスより強くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です