コモンドールの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


コモンドールの基本情報

コモンドールはハンガリーを原産とする代表的な犬種です。

非常に古くから存在する犬種で、長い間羊などの家畜の番犬として活躍してきました。

現在でもハンガリーやアメリカで現役として使役していますが、近年ではショードッグとしての方が人気が高いようです。

日本では、特徴的な被毛の手入れの大変さや、高温多湿の気候が適していないことから家庭犬として飼われていることが少なく、非常に珍しい犬種として知られています。

コモンドールの歴史

時間

コモンドールの歴史
~ルーツ~

コモンドールの生い立ちは、正確には分かっていませんが古くから存在する犬種だと言われています。

12世紀ごろに遊牧民族のクマン人がハンガリーに渡った時に連れていた牧羊犬が祖先犬と考えられており、クマン人たちの手によってハンガリー土着の牧羊犬と交配されて、現在のコモンドールの基礎になったと言われています。

1544年のハンガリーの書物で「クマン人の犬」を意味する「Koman-dor」という名前が初めて登場していますが、ちょうどこの頃から、犬のように忠実だと大切にされていた「ラッカ羊」と呼ばれる羊に似せて、意図的に選択繁殖されて現在の姿になったと言われています。

第二次大戦によって一時は絶滅の危機を迎えますが、繁殖家たちの努力があり血統を絶やすことなく生き延びてきました。

1933年には、初めてアメリカに渡り1937年にケネルクラブで認定されました。

コモンドールの歴史
~羊を守る護畜犬~

コモンドールは家畜をオオカミや泥棒から守る護畜犬・番犬として活躍していました。

コモンドールは羊の群れに紛れていても、羊とコモンドールの区別がつかず、いざ羊が襲われそうになると群れから飛び出して羊を守るため勇敢に立ち向かっていました。

モップのような被毛は、オオカミに噛みつかれても深い傷を負わないよう鎧のような役割を果たすために改良されたものです。

そして、オオカミをも追い払うことができる犬種だと評判を受け、優秀な警備犬としても活躍していました。

そして、印象の強い外見からコモンドールは、ドッグショーで評価されていくことになりました。

コモンドールの特徴

  • 頑健な大型犬
  • 被毛の下にはがっしり体型が
  • コートと呼ばれるフェルト状の被毛
  • 毛色はアイボリーに限る

コモンドールの特徴①
~モップのような被毛の下にはたくましい体~

コモンドールは、体高64~76cm体重40~60kgの大型犬に分類されます。

全身を毛に覆われているため体格が分かりずらいコモンドールではありますが、がっしりとした骨格に筋肉質で頑丈な体格を持っています。
太くしっかりとした四肢はやや短めでがっしりしています。

また被毛に隠れてはいますが、耳は垂れ耳で尻尾は垂れています。

コモンドールの特徴②
~毛質や毛色~

コモンドール最大の特徴であるモップのような被毛は、羊毛のような柔らかいアンダーコートと、巻き毛やウェーブがかった粗いオーバーコートからなっているダブルコートの犬種です。

オーバーコートがアンダーコートに巻き付くことで、「コード」と呼ばれるフェルト状の毛束ができます。

コモンドールの被毛は産まれてすぐに特徴的な被毛を持っているわけではなくプードルのような巻き毛をしています。
そこから「コード」になるまでには生まれてから約2年以上の期間を要します。

毛色は、黄みがかった白色の「アイボリー(象牙色)」に限られます。

コモンドールの価格相場

子犬の価格相場

コモンドールの子犬の販売価格は、50万円前後です。

しかし、日本国内でコモンドールを繁殖しているブリーダーは残念ながらほとんどありません。
そのため、海外輸入での購入が一般的となり、手数料や輸送費なども必要となることからそれほど高額な金額が必要となります。

さらに、子犬の費用は、子犬の性別や親犬のドッグショーでの成績、さらにドッグショーに適しているかの容姿などによっても異なり、輸入費を含めるとこれより高額になるケースもあります。

コモンドールの子犬を迎えるなら「海外輸入」で

日本国内での入手が難しいコモンドールですが、それほど日本の気候に適さない犬種であるということ、コモンドール独特のスタイルを維持するための手入れが大変であるということを理解して迎え入れる覚悟をしておかなければなりません。

コモンドールを適した環境を準備して育てられるのか、飼う前にしっかり検討した上で迎え入れる必要があるのです。

十分な検討のうえで迎え入れることになった場合には、海外からの輸入で迎える方法が一般的となります。

犬の輸入は、仕出国や地域によって、複雑な手続きが必要になることもあります。
個人で輸入する場合には、必要な手続きを事前に調べておくようにしましょう。

大手のペットショップでは、輸入を代行していることもあるようです。
迎え入れるためにどうしたら良いか分からないという場合には、一度ペットショップに相談してみると良いでしょう。

いずれにしても、輸入の場合、基本的に直に子犬を見て決めることができません。

だからこそ信頼できるブリーダーを選ぶ必要があります。

できるだけ子犬の健康状態や親犬の情報などを確認し、動画で子犬の様子を確認してから迎え入れるようにしましょう。

コモンドールの性格・気質

  • 物静かに過ごすことが多い
  • 仕事熱心で献身的
  • 支配欲が強いため、リーダーが必要
  • いざという時に頼りになる性格

コモンドールの性格・気質①
~頼りがいのある勇敢な犬~

基本的には穏やかで物静かに過ごすことが多く、番犬の本能からじっと見張ったり監視する作業を好む仕事熱心な犬種です。

それでも、必要と感じれば勇敢に行動する頼りがいのある性格を持っています。

子どもや他のペットなど、自分よりも下の立場と見なした相手がいれば、保護本能が働いて面倒を見てくれるような性格の持ち主です。

コモンドールの性格・気質②
~信頼できるリーダーが必要~

強い独立心と頑固な面を持ち、さらに支配欲が強い性格を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です