アメリカンピットブルテリアの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


アメリカンピットブルテリアの基本情報

アメリカンピットブルテリアは、アメリカ合衆国で闘犬用に改良された犬種です。
現在では「ピットブル」の通称でペットとして親しまれています。

飼育難易度が非常に高い犬種のため、国や地域によっては飼育規制されていたり、公共施設の入場制限されていることも少なくありません。

日本でも、各自治体によっても異なりますが、「危険犬種(特定犬)」とされてはいるものの厳しい飼育規制はなく、飼育許可を取ること、または決められた条項の元で飼育することが可能です。
近年登録数も徐々に増えつつある犬種です。

アメリカンピットブルテリアの歴史

時間

歴史① ~ルーツ~

アメリカンピットブルテリアは、1870年代にイギリスからアメリカへ輸入された闘犬「スタッフォードシャー・ブル・テリア」から闘犬のために作出された犬種です。
ブルドッグなどと掛け合わされることによって最強の闘犬へとなりました。

しかし、健全な犬の育成を求めていたアメリカンケンネルクラブでは、犬種として公認されることはありませんでした。

その後、ドッグショー用やペット用として狂暴性を抑えて改良されて、1936年になって「アメリカン・スタッフォードシャー・ブル・テリア」として公認されることになります。

歴史② ~アメリカンピットブルテリアの活躍~

アメリカンピットブルテリアは闘犬としてだけでなく、優秀な護衛犬として、熊やイノシシなどの狩猟犬としても活躍しています。

特に畜産農家では野生のオオカミや熊に襲われる家畜を守るため、大型動物に立ち向かう勇敢なアメリカンピットブルテリアは、大活躍していたという歴史も持っています。

また、歴史上の有名人や著名人に愛好家が多いことでも知られています。
発明家のトーマス・エジソンやアメリカのセオドア・ルーズベルト元大統領、ヘレン・ケラーなどが飼っていたといわれています。

歴史③ ~アメリカンピットブルテリアの現在~

現在のアメリカンピットブルテリアは、闘犬タイプ・ドッグショータイプ・ブリー(家庭犬)タイプの3つのタイプに分けられています。

ドッグショー・ブリータイプは狂暴性を抑え従順性が備えられた性格に改良されていますが、残念ながら人間を襲うという事故は耐えません。

飼育の難易度は高く、安全に対する意識と責任感を持って飼育する必要がある犬種なのです。

そのため、イギリスをはじめヨーロッパの多くの国、アメリカでも州や市によって飼育が禁じられています。

ちなみに日本で飼われているアメリカンピットブルテリアのほとんどはブリー(家庭犬)タイプです。

アメリカンピットブルテリアの特徴

  • 大きめの中型犬
  • 筋肉質でたくましい体つき
  • 強靭なアゴの力を持つ
  • 毛色はバリエーションが豊富
アメリカンピットブルテリア,ピットブル,犬

特徴① ~大きさや身体的特徴~

アメリカンピットブルテリアは、体高50cm前後、体重14~30kgの大きめの中型犬に分類されています。

胸部が幅広く筋肉質で、太い体躯に強い骨格の体つきで、大人の男性でも押し倒せるほどのとても強い力を持っています。

丸くて大きな頭部、両目は離れて鼻は短く、しわの入った顔をしています。

強靭なアゴは100kgを超える力を持っているとも言われているほどで、一度噛みつくと離さないとも言われています。

耳は半立ち耳ですが、闘犬としての名残から断耳や断尾されていることもあります。

特徴② ~被毛の種類と毛色~

被毛は艶のある短毛で、ダブルコートのため抜け毛があります。

毛色はバリエーション豊かで、ブラック、フォーン、ブリンドル、レッド、ホワイト、ブルーなど多種多様です。

アメリカンピットブルテリアの価格相場

子犬の価格相場

アメリカンピットブルテリアの子犬の販売価格は、だいたい10~20万円程度です。

一般的に犬の販売価格は、子犬の「血統」「容姿」「性別」「月齢」「毛色」などによって決められています。
人気のある毛色ほど高い金額が付き、月齢が経つほど価格が下がる傾向にあります。

またアメリカンピットブルテリアの価格を決める大きな要因となるのは、「血統」です。
親犬がチャンピオンを取っているなどの血統が良い子犬の場合には、20~30万円以上することもあるようです。

子犬はブリーダーから

アメリカンピットブルテリアはペットショップで取り扱われていることはほとんどありません。
そのため、ブリーダーからの購入が一般的となります。

子犬の性質は、親犬の性質を受け継ぐことがあり、さらに飼育環境が大きく影響していきます。
完全に見極めることは難しいですが、子犬を選ぶ際には、親犬を見させてもらうこと、その子犬がどんな生活をしているのかを見学させてもらうようにしましょう。
温かい環境下で過ごしている子犬ほどフレンドリーな性格をしているでしょう。

また、アメリカンピットブルテリアは日本ではまだあまり馴染みのない犬種かもしれません。
そのため、飼育などに関するアドバイスがもらえるような関係性をブリーダーさんと築いておくことをおすすめします。

その他にもアメリカンピットブルテリアを迎える方法として、里親制度があります。

ただし、里親募集しているのは成犬がほとんどのため、子犬にこだわりがないという方に限るでしょう。
また、成犬の場合ある程度性格が出来上がっています。

中には攻撃性や悪い癖を持った個体もいるかもしれないため、しっかり性格を見極め生涯飼育していけるのかをよく検討してから迎えるようにしましょう。

アメリカンピットブルテリアの性格・気質

  • 強い精神力と闘争心の持ち主
  • 驚異的な身体能力
  • 愛情深く忠誠心が強い
  • いつまでも子犬のような甘えん坊

性格・気質① ~闘犬らしい勇敢な犬~

熊やイノシシにも立ち向かっていくほどの勇敢さと、強い闘争心を持っています。

体力も豊富で驚異的な身体能力を持ち合わせています。

警戒心も強く、時に他の犬や動物に対して攻撃的になることもあります。

特に、猫や鳥など動くものを追いかけたがることがあるので、散歩中などコントロールできるようにしておく必要があります。

性格・気質② ~見た目とは裏腹の甘えん坊~

残念ながらアメリカンピットブルテリアは、危険犬種というイメージを拭うことはできませんが、本来は飼い主に対して愛情深くて忠誠心が強い犬種です。

そして、とても甘えん坊な性格なのです。
感情表現がとても豊かで、時にはヤキモチを焼くこともありますよ。

知らない人に対してもフレンドリーなので、意外にも番犬向きではありません。

子どものことが好きな一面も持っていて、しつこくされても忍耐強く一緒に遊ぶ優しさも持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です