ボクサーの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


ボクサーの基本情報

ボクサーはドイツが原産の犬種です。

狩猟犬として生まれ、闘犬や軍用犬として活躍し、現在でも護衛犬や警察犬として活躍している犬種です。

ボクサーには、原産国である「ドイツタイプ」と歴史的に関り深い「アメリカタイプ」の2つの種類があります。

ボクサーの歴史

ボクサーは、歴史が浅く比較的新しい犬種です。
ドイツで生まれ、アメリカで発展してきた歴史をもちます。

ボクサー,犬,大型犬

ボクサーの歴史
~ルーツ~

祖先犬は「ブレンバイサー」と呼ばれる猟犬で、獲物を追ったり回収したりするような狩りのスタイルではなく、獲物に噛みついて猟師が来るまで捕まえておくという独特な狩りスタイルを行っていました。

そのため、獲物に立ち向かう勇敢さ、大きく強靭なアゴの力とスタミナ、噛みついたままでも呼吸ができるような犬種にするため、繁殖家でなく猟師たちの手でマスティフやブルドッグなどを交配して改良されていきました。

当時流行していた闘犬「牛いじめ(ブル・バイティング)」にも用いられており、より強い犬を求めて更なる改良が進められていきましたが、1835年に闘犬が法律で禁止され、同時に畜産業が発達したことによって、活躍の場は猟犬から家畜の護衛犬に変わっていきます。

1895年になると、それまで「ブレンバイサー」と呼ばれていた犬には様々なタイプが存在していたため、ボクサーの原型となるスタンダードが生み出されることになりました。

そして1905年にドイツで公式犬種としてボクサーが登録されることになりました。

ボクサーの歴史
~アメリカタイプの誕生~

ドイツで公式犬種として登録される頃より前に、ボクサーはアメリカの愛好家たちによってアメリカに渡ることになり、繁殖されていきました。
そうして、アメリカタイプのボクサーの誕生に繋がります。

アメリカで洗練されていき、第二次世界大戦時には軍用犬として活躍していました。

軍人のペットとして家庭で飼育されることも増え、終戦後にはボクサーの人気は国中に広まることになります。

そしてボクサーはアメリカで人気犬種を代表する犬種となりました。

日本で飼育されているボクサーはアメリカタイプが多く、国内の繁殖頭数のおよそ8割がアメリカタイプとなります。

ボクサーの歴史
~名前の由来~

ボクサーの名前の由来は定かとなっていはいません。

一般的には、後ろ肢で立ち上がり互いに前肢を使ってボクサーのようになぐり合うような戦い方をすることから名付けられた説や、横から見た体形が四角張っていて箱(ボックス)型に見えることから名づけられたとする説があります。

ボクサーの特徴

  • ドイツタイプとアメリカタイプの2種類がある
  • 引き締まった体が特徴的な大きめの中型犬
  • 下あごが出たアンダーショット
  • 毛色はフォーンまたはブリンドルが一般的
ボクサー

ボクサーの特徴
~2種類のタイプ~

ボクサーにはドイツタイプとアメリカタイプの2種類がありますが、いずれも体高53~63cm、体重25~32kgの大きめの中型犬です。

無駄のない引き締まった体で、胸を張って力強く歩く様は強さと品格を感じます。

しわの寄った大きな頭部と丸みのあるマズル、「アンダーショット」と呼ばれる下側のあごが出る独特のかみ合わせをしています。

◆ドイツタイプとアメリカタイプの違い

  • ドイツタイプ:アメリカタイプよりも頑健でがっちりとした体型をしています。
    動物愛護の観点から断耳や断尾はされていません。
  • アメリカタイプ:全体的にスマートでスタイリッシュだが、重心はしっかりとしています。
    断耳や断尾されていることが多いです。

ボクサーの特徴
~被毛の種類や毛色。抜け毛は?~

ボクサーは短毛で艶やかな毛質を持つシングルコートの犬種です。

全く抜け毛がないというわけではありませんが、シングルコートなので比較的抜け毛が少ないと言われています。

毛色は「フォーン」と「ブリンドル」が一般的ですが、「ホワイト」の個体もあります。

「フォーン」は薄いフォーンから濃いディアー・レッド(鹿毛色)まで色合いは様々あり、ブリンドルにおいても金色がかった黄色から濃い赤褐色まで様々あります。

いずれもブラックマスクと呼ばれる顔に大きな黒が入ることが必須とされていて、足先や下腹のホワイトは許容されています。

 ボクサーの相場価格

ボクサーの子犬の販売価格

ボクサーの子犬の販売価格は、10~15万円前後です。

子犬を選ぶ際には、健康状態などを念入りにチェックしておきましょう。

また、近年のボクサーは穏やかな性格をしていますが、飼育環境や親犬の影響を受けることもあるため、子犬の反応や性格も見ておくとよいでしょう。

ボクサーの子犬を迎えるならブリーダーから。里親制度も。

ペットショップで見かけることはあまりない犬種なので、ブリーダーからの購入が一般的となります。

飼育方法やしつけ方法を熟知されているブリーダーから迎え入れることで、飼育に関するアドバイスが受けられるなどのメリットもありますよ。

また、その他にボクサーを迎える手段として「里親制度」もあります。

あらゆる事情で元の飼い主の元を離れたボクサーたちが、保護されていることがあります。
ボクサーの里親募集の情報は、インターネットでも簡単に検索することができます。
成犬になっていることがほとんどですが、子犬にこだわりがないという方であればぜひ一度検索してみてください。

価格相場の違いについて

一般的に子犬の価格は、「血統」「月齢」「性別」「容姿」「毛色」などによって決められています。

ボクサーの相場価格を決める要因も同じですが、主に「タイプ」「毛色」「容姿」によって価格幅が生じてくるようです。

◆タイプ

ボクサーの子犬は、大きく分けてペットタイプとショータイプに分けられますが、ショータイプの子犬の場合には価格が相場より高く30万円を超えることも少なくないようです。

◆毛色

ボクサーの定番カラーは「フォーン」「ブリンドル」ですが、「ブリンドル」より「フォーン」がやや高くなっているようです。それでも相場価格範囲の金額です。
ただし、白の斑が入っている場合には魅力的とされ価格がさらに上がることもあるようです。

近年人気カラーでもある「ホワイト」は、やや高めの金額が付けられます。
ただし、「ホワイト」はスタンダードとして認められないため、血統書がもらえない等のデメリットがあるので注意しておきましょう。

◆容姿

体の大きさや顔が可愛いかなどの容姿や、犬種標準(スタンダード)に近い容姿を持つ場合には価格が高くなります。

特にボクサーの場合には、顔のしわの寄り方によっても値段が大きく変わってくるようです。

ボクサーの性格・気質

  • 好奇心旺盛で活発
  • 基本的には平穏
  • 強い警戒心
  • 飼い主に忠実で献身的
ボクサー

ボクサーの性格・気質
~遊び好きな快活な性格~

ボクサーは活発で明るい面も持っていますが、普段は落ち着いた性格をしています。

飼い主とその家族に対してはとても愛情深く、甘えん坊な面を見せてくれるでしょう。

遊びの時には快活で陽気、体力も豊富にあるためアクティブに過ごすご家庭には最適なパートナーとなってくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です