紀州犬の基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


紀州犬の基本情報

紀州犬は、紀伊半島3県の和歌山・美絵・奈良にまたがる山岳地帯一体で飼育されていた日本犬の一種で、主に獣猟犬として飼育されていました。

1934年には、秋田犬や甲斐犬に次いで国の「天然記念物」に指定されています。

現在では狩猟人口が減り、紀州犬のほとんどは家庭犬として飼育されており、その人気は日本国内に止まらず海外でも人気のある犬種となりました。

紀州犬の歴史

時間

紀州犬の歴史
~ルーツ~

紀州犬のルーツは、現在の和歌山県から三重県の熊野地方にまたがる「紀伊國」に生息していた土着犬です。

もともとは、紀州の「那智犬」「太地犬」「熊野犬」「億吉野」などの細かい地域に分類されていましたが、明治初期の戦前から戦後にかけて、洋犬との雑種化や戦時中の食糧難などによって絶滅が危惧されました。

そのため1934年、日本犬保存会によって国の「天然記念物」として指定された際に、「紀州犬」と一括りにされることになります。

それまでは、毛色にも何種類か存在していた紀州犬でしたが、このことをきっかけに毛色を白に統一する方向性が定められました。

これには、猟の際に背景に溶け込み獲物と間違えられるのを防ぐ意味がありました。

現在でも赤毛や胡麻色の被毛を持つ紀州犬も存在しますが数は少なく、ほとんどは白の紀州犬が一般化しています。

現在でも実猟で猟犬としての活躍もしていますが、ほとんどは家庭犬としての人気を持っています。

紀州犬の特徴

  • 中型犬
  • たくましい体に、ふわっとした差し尾
  • ほとんどは白色の被毛だが、赤毛・虎毛・胡麻色なども存在する

紀州犬の特徴
~大きさや身体的特徴~

紀州犬は、体重13kg~30kg、体高43cm~55cmの中型犬に分類されています。
素朴な風貌ながらも、たくましく力強い体と四肢を持っています。

バランスの良い頭部、やや前に傾いた三角形の立ち耳、きりっとした目が特徴的です。

尻尾はくるっと巻かれた巻き尾、もしくは、巻かずに前方に傾斜された差し尾のどちらかであることが多いようです。

紀州犬の特徴
~被毛の種類や毛色~

被毛は、ダブルコートと呼ばれる二重構造で、下毛は柔らかく密生していて、上毛は硬い直毛の毛質をしています。

毛色は、最も一般的なのが白です。
それ以外にも、赤毛や虎毛、胡麻色なども存在しますがやや希少です。

紀州犬の相場価格

紀州犬の子犬の販売価格

紀州犬の子犬の販売価格は、10~15万円ほどです。

紀州犬は、営利を目的とした繁殖よりも保存を目的として繁殖されていることが多いため、比較的安価な金額で販売されているようです。
10~15万円という相場価格よりも低価になっていることも少なくありません。

また、地域によっては危険犬種と指定されていることもあるため、子犬を迎え入れる前にお住まいの自治体で飼育に関する制限等を確認しておきましょう。

紀州犬を迎えるならブリーダーや専門犬舎から

紀州犬は、JKCでの飼育登録数が年々減少しつつあります。
別団体で登録されていることも多いですが、一般的には紀州犬の子犬をペットショップで見かけることはほとんどありません。
そのため、紀州犬の子犬はブリーダーや専門犬舎から迎える方法が一般的となります。

インターネットでも簡単に検索することもできますが、日本犬保存会や紀州犬保存会などに問い合わせてブリーダーを紹介してもらう方法もあります。
紀州犬の保存会などのホームページにも子犬情報が掲載されているため、参考にしてみてください。

危険犬種にも指定されているような特殊な犬種でもあるため、初めて紀州犬を飼育する場合には、飼育経験の豊富な保存会やブリーダーから飼育に関するアドバイスを受けられるようにしておくことをおすすめします。

その他に紀州犬を迎える方法としては、里親制度があります。

紀州犬の里親募集の情報は、インターネットで簡単に検索することができるため興味のある方はぜひ覗いてみてください。

子犬,犬

犬のブリーダーの選び方。悪質ブリーダーに騙されないために!

8月 31st 2018

相場価格の違いについて

一般的に犬の価格は、その子犬の「容姿」「月齢」「性別」「血統」「毛色」などによって決められています。

毛色による価格差が出ることも多く、特に人気カラーやレアカラーであるほど高くなる傾向にあるものですが、紀州犬の場合には毛色による価格差はあまりないようです。

◆血統

紀州犬の価格を決める上で最も大きな影響を受けるのは血統です。
親犬がチャンピオンである場合には、20万円を超えることもあるようです。

◆月齢

生後56日を経過しない犬の販売は法律によって禁止されています。
そのため、生後56日以降から間もないころが最も高く、日数が経過することで徐々に価格が低下していきます。

生後3カ月を過ぎると5~8万円になっていることもあります。

◆容姿

親犬がチャンピオンでない場合でも、その子犬の容姿によっては価格が上がることがあります。

可愛らしいお顔をしている場合や犬種標準(スタンダード)に近い容姿を持っている場合には価格が上がります。

紀州犬の性格・気質

  • 基本的には穏やかで大人しい
  • 飼い主にとても忠実
  • 強くてたくましい日本犬らしい性格
  • よそ者には懐きにくい

紀州犬は真面目で忍耐強い

普段は大人しく悠然としていて、まじめで忍耐強い犬種です。

非常に頭が良く、一度信頼を置いた飼い主に対しては強い忠誠心を持ちますが、知らない人に対しては強い警戒心を示すこともあります。

日本犬らしい気難しさや、よそ者を警戒する性質を持ってはいますが、育て方によっては人懐こく無駄吠えも少ないので、家庭犬としても向いている犬種です。

紀州犬は勇敢な性格

自分よりも体の大きなイノシシ相手に立ち向かっていくほどの勇敢な性格を持っている紀州犬は、気性が荒く狂暴な犬種だと思われていることもあり初心者での飼育はおすすめできません。

しかし基本的には、媚びたりすることはありませんが、信頼できる飼い主にはとても忠実で愛情深い性格をしています。
賢くもあるため、しっかりしつけることで優秀な家庭犬となってくれます。

オスとメスによる性格の違い

紀州犬はオスメスの性別による性格の違いはあまりないと言われています。

ただし、一般的に犬の性格は、オスの方が甘えん坊で、メスの方は独立心があるなどと言われていることもあります。

そのため、そういった性格的傾向として若干の違いが見られるかもしれません。

紀州犬の飼い方

夜,犬

紀州犬の飼い方① ~飼育環境~

紀州犬は本来、日本の土着犬だったため日本の四季にも耐えられる体質を持っています。
体も大きいこともあり、外で飼われていることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です