犬のブリーダーの選び方。悪質ブリーダーに騙されないために!

子犬,犬

ペットショップとブリーダーどっちがいい?

犬を飼いたいと思った時、必ず悩むのが「ペットショップ」か「ブリーダー」どっちから迎えるのが間違いない?ということではないでしょうか。

気になるポメラニアンの値段は!ペットショップとブリーダー、どこで買うべき?

3月 14th 2018

ペットショップでトイプードルを探す時のポイント

2月 8th 2018

答えは、正しいブリーダーから迎えることができるなら、ブリーダーから購入するのが間違いありません。

「正しい」と限定するのは、ブリーダーにも様々あり、ビジネスとしてしか考えていないパピーミル同様のブリーダーも存在するからです。

どちらを選んでも間違いではありません。

ただ、見極めることが大切になります。

まず、ペットショップとブリーダーのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

それらを確認した上で、どちらが自分に合っているかをぜひ、判断してみてください。

ミニチュアピンシャー,子犬.ママ

ペットショップを選ぶメリット4つ

1.遠くまで探しに行かなくても、近場で探せる

ペットショップのいいところは、何よりも近所にあることが多く、気軽に足を運べることになります。

一度で決めることはなく、何度でも見に行ったうえで、1番気に入った犬を購入することができます。

2.一度にたくさんの犬種を見ることができる

ペットショップにはいろんな犬種の犬が常にいるので、まだ具体的にどの犬種を飼うか決まっていない時などは、どんな犬が欲しいか選ぶ意味でも、一度にいろんな犬種を見られるのは魅力的です。

また、人気がある犬種などはペットショップの場合、豊富に仕入れていることが多いので、たくさんいる犬の中から選ぶことができます。

3.飼育に必要なグッズ全て一緒に揃えられる

ペットショップは犬の販売以外にも、ペットグッズやペットフードなど、ペットに関わるもの全般を売っていることが多く、犬を購入と同時に、あちこちお店を回らなくても、全てのものが一箇所で揃えられます。

チワワが家にやってくる!初めての飼い方と準備するもの

2月 8th 2018

4.犬購入と同時に、ペット保険に加入できる

最近ではペットの保険はとても充実してきていて、ペットの保険に加入する人も増えてきています。

ペットの保険も人と同じように、

いざ犬を飼ってからでは、犬のしつけや散歩やらで、なかなか保険にまで手が回らず、つい後回しになってしまいがち。

でもペットショップで犬を購入の場合、その場で加入できる保険などが、お店によって様々ありますので、後から改めて〜ということがなく便利です。

チワワ,トイプードル.ヨークシャーテリア

ペットショップを選ぶデメリット3つ

1.親犬がわからない

かわいい子犬は見られますが、その親犬はわからないという場合がほとんどになります。

そのため、将来どれくらいまで大きくなるかなど想像しにくく、先天性の問題を持っているかどうかも推測することができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です