犬の睡眠時間について~犬種別・年齢別~


犬の睡眠時間とは?

犬を飼ってみて、1日のほとんどを寝て過ごす犬の姿に心配になった経験のある飼い主さんもいらっしゃるでしょう。

ワシントン大学の調査によると、犬の睡眠時間は平均10.6時間と報告されている調査結果もありますが、現在では、成犬だと12~15時間の睡眠時間が必要だと考えられています。

いずれにしても、人の睡眠時間は8時間と言われているのに対し、犬の睡眠時間は人よりも明らかに長い睡眠が必要であることが分かります。

トイプードル

犬の睡眠時間が長い理由

犬はよく眠る動物だと言われていて、これは野生時代の名残からだとされています。

狩りを行ってきた犬の祖先は、狩り以外の時間のほとんどを睡眠に当てていました。
これは狩りで消耗した体力を回復するためで、いざという時でも身を守るための体力を溜めておく必要があったのです。

また、犬が昼間によく眠っていることも、夜行性だった野生の名残です。

現在ではペットとして飼われていますが、厳しい野生時代で生き抜くための本能が残っているのだと考えられています。

犬の睡眠時間の8割は「レム睡眠」

睡眠中には、「レム睡眠」という浅い眠りと、「ノンレム睡眠」という深い眠りが交互になって睡眠をとっています。

  • レム睡眠:体は休まっているが脳が起きている状態です。
    夢を見るのはこのレム睡眠の時です。
  • ノンレム睡眠:体も脳も眠っている状態です。

そして犬の場合、8割ものほとんどの時間が「レム睡眠」で浅い眠りの状態であると言われています。

これも野生の名残からだと言われていて、天敵から身を守るためいつでも反応できるよう、浅い眠りで時間を長くとっていたからだと言われています。

現在でも少しの物音がしただけで犬がすぐに目覚めてしまうのはこのためです。

犬の睡眠時間は長く感じるかもしれませんが、そのほとんどが「レム睡眠」であることから長い睡眠時間が必要となるのです。

犬の睡眠時間 ~犬種別~

それでは犬の睡眠時間は、犬種ごとによる違いがあるのでしょうか。

人気の高い超小型犬~大型犬の犬種別での睡眠時間を見ていきましょう。

トイプードル,ぬいぐるみ

チワワの睡眠時間

超小型犬であるチワワの睡眠時間は、成犬で10~12時間程度と言われています。

平均に値する睡眠時間だと言えますね。

トイプードルの睡眠時間

小型犬であるトイプードルの睡眠時間は、成犬で12~16時間程度と言われています。

トイプードルは賢くて活発に過ごすことが好きな犬種のため、回復までにたくさんの睡眠が必要になることがあるようです。

ミニチュアダックスフンドの睡眠時間

小型犬のミニチュアダックスフンドの睡眠時間は、成犬で12時間程度であることが多いようです。

活動的な性格のうえ、無駄吠えが多いと言われる犬種です。
その分体力も消費するため、長い睡眠が必要なのかもしれません。

ポメラニアンの睡眠時間

小型犬のポメラニアンの睡眠時間は、成犬で12~18時間だと言われています。

一見落ち着きがないようにも感じるほどのポメラニアンですが、一人遊びが大好きな活発な犬種でもあるので、その分消耗した体力を回復するまでに多くの睡眠を必要とするようです。

柴犬の睡眠時間

小型犬~中型犬に分類される柴犬の睡眠時間は、9~10時間程度です。

体が小さいものの活動的な日本犬です。
かつては、イノシシ狩りなどの猟犬として山岳地帯で活躍していた犬種のため、働く時間が長いためか平均よりも短めの睡眠時間となっています。

ただし、することがない時には他犬種同様寝ていることが多いですよ。

ビーグルの睡眠時間

中型犬に分類されているビーグルの睡眠時間は、約15時間程度です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です