【動物看護士が解説】犬のできものの種類と原因、考えられる病気から治療法まで


ボストンテリア,犬

犬のできものの種類・原因

犬のできものといっても様々な種類があります。
ニキビみたいな小さいものから、黒っぽい大きいイボのようなできものなど、皮膚にできるできものは種類も原因も違います。
犬は人間よりもできものができやすく、犬種や体質によっても違いがあります。

このできものは、放って置いても自然に消えるものや、自然には消えないけれど放って置いても大丈夫なもの、放っておくと危険なものなど、たかができものでも命の危険があるものも中にはあります。

このできものの種類を大きく色ごとにわけて、その原因を挙げていきます。

白・ピンク・黄色のできもの

白やピンク、黄色のできものは、良性のイボに多く見られます。
また、湿疹や皮膚炎を起こしている場合にもピンク色のできものとして現れる場合もあります。
また、パピローマウイルスというウィルスに感染することによって現れている場合もあります。

この白色やピンク色、黄色のできものができる原因は、イボができやすい体質だったり、皮膚が弱かったり、免疫が下がっている場合や、体の水分量が低下している場合に出来やすいです。

また、目の周りだと麦粒腫などの目の病気の可能性もあります。
そして、乳頭腫という乳頭のような良性のイボの可能性もあります。

膿皮症という状態でもピンク色や白色のできものがブツブツできることもあります。
膿が皮膚の下に貯まると、白く見えることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です