チワワのかかりやすい病気って?


チワワが病気になってもきちんと面倒を見ることができるのか、チワワを飼う前に考えることも大切です。

チワワのような純血種の犬は、特定の病気にかかりやすい傾向があります。

病気というと恐ろしいイメージですが、病気の特徴をあらかじめ知っておくことで予防できることもたくさんあります。
またどんな病気もそうですが、いつ発症するか分かりません。

チワワのかかりやすい病気 1.水頭症

水頭症とは遺伝的な脳の病気で、チワワが1歳までの子犬の時期に発症しやすいと言われています。

頭蓋骨の中で脊髄液が過剰に増えて脳を圧迫し、異常行動や過食、視力低下などを引き起こします。

予防方法は残念ながらありません。

一度発症すると完治させることは難しく、投薬で症状を緩和する治療法が一般的です。

チワワのかかりやすい病気 2.膝蓋骨脱臼

チワワのように手足の細い犬種によくみられる病気です。
膝のお皿から骨が外れてしまい、放っておくと歩くのに困難をきたすようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です