犬の鼻のあれこれ。犬の鼻にまつわる疑問を解決!


犬の鼻がいつも濡れている理由

犬の鼻はいつも濡れていますよね。

実はそれには2つ理由があるのです。

犬の鼻が濡れている理由1. 犬の嗅覚をキープするため

犬の嗅覚はとても鋭いですよね。

の100万倍も嗅覚が優れているなんていわれるのが、犬ご自慢の「鼻」です。

犬の鼻が濡れているのは、その方が、空気中の匂いを取り込みやすいので、鼻の嗅覚を鋭敏にしておくために、必要不可欠なことになります。

また、鼻が湿っていることで、風向きを正確にキャッチし、様々な匂いがどこから来ているか、簡単にわかるといわれます。

犬の鼻が濡れている理由その2. 体温調整

犬の鼻が濡れているのは、外側鼻腺という分泌腺があり、そこから出る分泌液と涙腺から出る涙が合わさったものが、鼻を湿らせています。

そしてその分泌液は、運動後など体温が上がった場合、およそ40倍も増えることから、犬の熱放散の役割もしていると考えられています。

要は、人でいう汗のような働きもしているわけです。

犬の鼻が乾燥しているときは何に注意する?

常に濡れているイメージの犬の鼻ですが、注意してみると、たまに乾燥していることがあって、あれ?と思うことがあります。

犬の鼻が乾いているのには4つ理由があります。

犬の鼻が乾燥している理由1. 寝起きか眠いとき

犬の睡眠中や寝起きの時は、犬は嗅覚を敏感に働かせる必要がないため、自然と鼻は乾燥しています。

それでも問題はありません。

また、眠いときも敏感にクンクンする必要がないので、乾いていることがありますが、こういった場合は特に心配する必要はありません。

犬の鼻が乾燥している理由2. 水分不足による乾燥

家の中が乾燥していたり、犬自身があまり水を飲まないでいると、全身が水分不足になり、鼻が乾燥してくることがあります。

特に夏などは、意識して犬にも水分を取らせないと、熱中症になってしまうことがありますので、水分不足による鼻の乾燥には気をつけましょう。

犬の鼻が乾燥している理由3. 病気

犬が何かしらの病気で発熱がある場合、鼻が乾燥します。

また、アレルギー症状からも鼻が乾燥することがあります。

病気やアレルギーを起こしている場合は、鼻の乾燥以外に、食欲不振、下痢や嘔吐、とにかくグッタリ横になっていたり、体を痒がるなどの症状があることが多いです。

鼻が乾燥していると気づいたときは、それ以外の症状がないか観察をして、病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の鼻が乾燥している理由4. 老化現象

人も年をとると、肌が乾燥してカサカサしがちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です