犬の鼻のあれこれ。犬の鼻にまつわる疑問を解決!


犬も同じなのです。

特に健康上、問題はなくても、加齢とともに分泌腺からの分泌の量が減ってきます

犬自身、食欲も元気もあるという場合は、特に心配ないことが多いです。

犬が鼻を鳴らす理由

犬は時々切なそうに「クゥ〜ン」と鳴いたり、あぁ〜あとばかりに「フンッ」と鼻を鳴らすことがありますよね。

短頭種なら、ブヒブヒとか、ブーブーといったような豚!?を思わせる鳴き方をする時があります。

それらにはどんな理由があるのでしょうか。

犬が「キュンキュン」「クゥ〜ン」と高い声で鳴く理由

ズバリ、甘えて何かをかわいく要求している時に鳴く声がこれです。

「あ〜、遊んで欲しいな」「構って〜!!」「なんか食べたいなぁ」など、何かして欲しい時に、アピールするために、高いトーンで鳴きます。

それがあまりに切なく聞こえ、ついつい飼い主さんが、その要求を聞いてしまうと、犬は賢いので、こうしたら要求が通る!と簡単に学習し、欲しいものがあると、常にクンクン鳴く困り犬になってしまいます。

犬が「フンッ」と鼻を鳴らす理由

この「フンッ」には2つ理由があります。

1つは、自分の寝床や、ふかふかの居心地がいいところに寝そべったときなど、「うぅぅ〜、気持ちいい!」と、リラックスいっぱいで、全身の力が抜け「フゥ〜ッ」となる場合と、散々、かわいい素振りをしたり、鼻をキュンキュン鳴らしたりして、要求アプローチをしても聞き入れてもらえなかったときなど、「フンッ!」と拗ねたように、鼻を鳴らすことがあります。

犬も鼻水が出る?鼻づまりの対処法

犬が鼻水?鼻づまり?なんて思いますが、犬も鼻水が出たり、鼻づまりになることがあるのです。

それぞれの原因を見ていきましょう。

犬の鼻水・鼻づまりの原因その1. アレルギー

人と同様、犬もアレルギー反応で鼻水が出ます。

花粉だけではなく、室内のルームフレグランス、ハウスダスト、タバコの匂い、強い香水の匂いなど、アレルギーの原因は様々あります。

愛犬がアレルギーの場合、何に対してアレルギー反応があるかを探し、取り除いてあげる必要があります。

犬の鼻水・鼻づまりの原因2. 感染症

ウィルスや細菌、真菌による感染症でも鼻水が出ます。

鼻水が出ているようなときは、それ以外に症状がないかを観察しましょう。

発熱からだるそうにしていたり、食欲不振、下痢などがある時には、様子を見ることなく、病院へ連れて行くようにします。

犬の鼻水・鼻づまりの原因3. 歯周病

歯磨きなどのデンタルケアをしていない犬に見られます。

ひどい歯周病になってしまい、歯周病菌が口内に留まらず、頰の骨に浸透し、鼻に歯周病菌が入り込むことがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です