肥満に注意!アメリカンコッカースパニエルの平均体重とは?


年齢別での平均体重は?

アメリカンコッカースパニエルは、成犬時の平均体重は7.0~14kg、体高が34~39cmで、中型犬に分類されます。
成犬になるまでの過程は、生後3カ月の時は約1.3~3.4kgと片手で持てるサイズです。
その後、生後4カ月で3.9~5.6kg、5カ月で4.1~7.2kgと、この頃までに大きな成長を見せます。
そして、生後7カ月では6.1~8.7kg、10カ月で7.0~9.9kgにまで成長します。

生後10カ月頃で成長が止まる子がほとんどですが、個体によっては成犬になる生後12カ月頃までかけて成長を続けて、体重が14kgにまで大きくなる子もいます。

個体差が大きいことが特徴

年齢別での体重を紹介しましたが、お気付きでしょうか?
アメリカンコッカースパニエルは個体差が大きいことが特徴で、成犬時の平均体重に7kgもの幅があります。
男の子の方が、比較的体が大きい傾向にあるようです。
その他の要因としても両親犬のサイズによってもサイズが変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です