アメリカンコッカースパニエルのおすすめトイレ用品


アメリカンコッカースパニエル の基本情報

アメリカンコッカースパニエルは中型犬の中で、揺るぎない人気を持つ犬種になります。

今でこそアメリカンコッカースパニエルは愛玩犬として、人々に愛されていますが、元々は猟犬をしていました。

そんなアメリカンコッカースパニエルは、大変集中力があり、物覚えがいいといわれています。

また、柔らかい雰囲気を持ちますが、ガッチリと筋肉質な体を持っています。

性格も温和で大変飼いやすい犬種ではありますが、豊かな被毛はダブルコートで抜けやすく、トリミングも定期的に必要になります。

唯一それが、アメリカンコッカースパニエルを飼う上で大変なことかもしれません。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 大きさ:中型犬
  • 体重:11~13kg
  • 体高:36~38cm
  • 被毛:ダブルコートの長毛種
  • 毛色:単色、パーティーカラー、トライカラー、など20種類以上の毛色の組み合わせあり
  • 平均寿命:15歳
  • 価格相場:13万円~(血統の良さ、スタンダードに近いルックス、珍しい毛色などの条件により50万円を超えることがある)

アメリカンコッカースパニエルは、食べることが大好きという個体が大変多く、つい太り過ぎてしまうことが多々あります。

実際のアメリカンコッカースパニエルは、被毛に覆われていてわかりにくいですが、筋肉質な体型をしています。

アメリカンコッカースパニエルは一度太ってしまうと、痩せるのに大変苦労しますので、食事管理をきっちりしてあげる必要があります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 常にポジティブで楽しいことを探している
  • フレンドリーで誰とでも仲良くできる
  • 警戒心がゼロに近く、番犬には不向き
  • 家族といることが何よりも好き
  • 留守番が苦手
  • 感受性が強い
  • 物覚えが早い

アメリカンコッカースパニエルは、人懐こく、小さな子供とも仲良くできることが多く、大変飼いやすい犬種といわれています。

元々猟犬だったこともあり、飼い主さんの話を集中して聞くこともでき、比較的しつけトレーニングにも苦労しません。

ただ、家族が大好き過ぎて、留守番が大嫌いということが多くあります。

あまりに留守番が長いと、ストレスで体調を崩すということもあり得ますので、甘やかし過ぎず、留守番トレーニングを取り入れるなど工夫をしてみましょう。

アメリカンコッカースパニエルの室内トイレは必要?

アメリカンコッカースパニエルを室内で飼う場合、必ず置かなくてはならないものの1つがトイレになります。

トイレは散歩の時にさせるから、室内では…

とは考えないでください。

室内にトイレを置かなくてはならない理由は2つあります。

トイレ

1.室内にトイレが必要な理由

いかなる時も、排泄を我慢させず、トイレに行かせることができます。

外でトイレをすることは、その後きちんと処理をすれば問題はありません。

ただ、アメリカンコッカースパニエルのおしっことうんちは、1日数回ではなく、何回もします。

  • その度外に連れて行けますか?
  • 悪天候の日はどうしますか?

散歩の時にトイレをさせるのもいいですが、まずは、室内のトイレでさせるというトレーニングは必ずするようにしましょう。

室内のトイレで排泄を覚えることで、

  • 悪天候の日は室内で排泄
  • シニアになったり、病気やケガで外に出れない時でも無理なく室内で排泄できる
  • 災害などで避難した時、室内のトイレを覚えていると、簡易的に作った犬用トイレで排泄できる

といったメリットが生まれます。

2.外での排泄は地域の人の迷惑になることもある

近年、散歩の時に排泄するというのは、住んでいる地域によっては好まれない行為になることがあります。

特に、住宅密集地など、人の敷地に近いところでの排泄は、住んでいる人にとっては迷惑なことだったりします。

そのため、おしっこの後には、持参した水でおしっこをキレイに流して臭いがしないようにしたり、うんちは当然エチケット袋に入れ、形跡を残さないようにしたりする必要があります。

外で排泄をすることがあっても、基本は室内でさせるというふうにトレーニングした方が、人にもアメリカンコッカースパニエルにとっても、ストレスがない生活になるのではないでしょうか。

アメリカンコッカースパニエルのトイレ環境はどうしたらいい?

それでは、室内に置くトイレはどんなものでどのような場所に置いたら良いのでしょうか?

まずトイレの大きさは、成犬になったときの大きさを考えて準備しましょう。

あまりに小さすぎるトイレだと、アメリカンコッカースパニエルがそこに乗って排泄をする時、大変窮屈ですし、場合によりはみ出してしまうこともあり得ます。

トイレの設置場所は、人の出入りが激しいドア付近は落ち着かないので避けましょう。

また、アメリカンコッカースパニエルの寝床の隣というのもできるだけ避けてあげましょう。

犬は基本的に大変キレイ好きなので、寝床とトイレが近いということを好みません。

1番いいのは、落ち着いて排泄ができる場所で、万が一排泄物がトイレからはみ出してしまっても、簡単に掃除ができるような場所がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です