アメリカンコッカースパニエルの避妊手術における注意点


避妊手術のメリットとデメリット

避妊手術にはメリットとデメリットがあります。
これはアメリカンコッカースパニエルだけでなく犬全体に言えることです。

メリット

  • 望んでいない妊娠や出産を避けることができる
  • 問題行動が減少する可能性がある
  • ヒートの煩わしさかなくなる
  • 発情によるストレスが軽減される
  • 子宮蓄膿症や乳腺腫瘍などのメス特有の病気の予防になる

デメリット

  • 太りやすくなる
  • 避妊手術の際の麻酔のリスクがある
  • ホルモンバランスが崩れやすくなる

避妊手術には、このようなメリットとデメリットがあります。
避妊手術の最大のメリットである、メス特有の病気の予防として手術をする飼い主さんが最近では増えています。
子宮蓄膿症や悪性の乳腺腫瘍になってしまった場合、最悪の場合は命を落とすこともあります。
そうならないためにも若い頃に避妊手術をするメリットは大きいです。

アメリカンコッカースパニエルの避妊手術前の注意点

ほとんどの動物病院では、麻酔をかける当日は絶食絶水か、仮に食べさせるなら少量にするように指示されます。
手術前の食事量の制限については動物病院によって異なりますので、事前に動物病院で確認し、指示に従うようにしましょう。

手術をする前に傷口とその周りの毛をバリカンで短く剃られます。
動物病院は犬の美容室とは違い、綺麗にすることが目的ではありませんので、綺麗に毛刈りしてくれるとは限りません。
消毒液や血液が毛についてしまう事もしばしばあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です