【獣医師が解説!】犬の口腔内腫瘍の種類、なりやすい犬種や治療方法について


犬の口腔内腫瘍で発生率の高いメラノーマ(黒色腫)

メラノーマは、他の口腔内悪性腫瘍比べて小型犬でよく発生する傾向にあります。

この腫瘍は、最も発生頻度が高く、犬の口腔内腫瘍の中でも30〜40%を占めるとされています。

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬種

コッカースパニエル、ミニチュア・プードル、アナトリアン・シープドック、ゴードン・セッター、パグ、チャウチャウ、ゴールデン・レトリバーなど。

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬の平均年齢

9〜12歳

メラノーマ(黒色腫)になりやすい犬の部位

歯肉、頬もしくは口唇粘膜

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫) 転移について

口腔内のメラノーマは、領域リンパ節(腫瘍が発生している部位に近いリンパ節で、口腔内腫瘍の場合、下顎リンパ節か咽頭リンパ節のどちらかです。
)や肺へ高頻度で転移する悪性度の高い腫瘍です。

転移率は、部位、大きさ、そして進行度によって異なり、罹患犬の最大80%にも及ぶといわれています。

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)肉眼的所見について

どのように見えるかというと、黒色種といわれているように、メラノーマは3分の2の割合でメラニンを含んでいて、黒い色を呈します。

残りの3分の1はメラノーマでも黒い色を呈しません。

また、もろくてすぐ出血をおこすことが多く、潰瘍をおこしていることもあります。

犬の口腔内腫瘍 メラノーマ(黒色腫)骨浸潤について

骨浸潤というのは、つまり軟部組織に腫瘍が発生して、その腫瘍がその下の骨まで浸潤していくことをいいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です