パピヨンのとってもかわいいミックス犬。どんな種類があるの?


パピヨンの基本情報

  • 原産国:フランス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:13~15歳
  • 価格相場:10~20万円

パピヨンの概要

パピヨンは、フランスを原産とする超小型犬です。

パピヨンという名前は、フランス語で「蝶」という意味を持ち大きな立ち耳から生えた長い飾り毛が蝶々のように見える上品で愛らしい愛玩犬です。

そんなパピヨンの祖先犬はスペインが原産のトイ・スパニエルの一種だとされています。
当時は、「スパニエル(エパニエルナン)」と呼ばれ、特徴的な大きな立ち耳姿でもありませんでした。

16世紀のフランス貴族の間からも人気を集めており、かなり高額で取引されていたとの記録が残っているそうです。
フランス王妃マリー・アントワネットが愛した犬としても有名です。

その後、交配を重ねるにつれて立ち耳が特徴的な現在の姿へとなりました。
そして明るく愛らしい容姿と性格から現在に至るまで高い人気を集めて続けてきました。

パピヨンの身体的特徴

  • 体重:3~4.5kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:20~28cm
  • 被毛:長毛・シングルコート
  • 毛色:白地に黒・茶・レモン・セーブルなど
パピヨン,犬,茶白

【大きさ】

パピヨンは、体高20~28cm体重3~4.5kg程度の超小型犬です。

すらっとしたバランスの良いスタイルを持っており、一見華奢な印象を受けますが意外と丈夫な体つきをしています。

【お顔】

アーモンド形のパッチリとした大きな目に、蝶の羽のように広がった大きな立ち耳が特徴的な犬種です。

【被毛】

優雅な印象を与えるパピヨンの特徴でもあります。
被毛は絹糸のような細く滑らかな直毛の長い被毛を持っています。

耳や胸、四肢・尾には豊富な飾り毛が生えています。

被毛の構造がシングルコートの犬種のため、抜け毛が少ない犬種です。

【毛色】

白地に「ブラック」「ブラウン」「レモン」「セーブル」など、すべての色が認められています。
白地が多いほど好ましいとされていますが、単色については認められていません。

近年では白地に「ブラック」や「ブラウン」の斑が入った「トライカラー」も人気があるようです。

パピヨンの性格・気質

  • 明るく活発
  • 甘えん坊
  • 高い知能を持ちしつけやすい
  • 警戒心が強く繊細な一面も

パピヨンの性格・気質①
~明るく活発な愛玩犬~

パピヨンは明るくてとても活発な性格をしています。

好奇心旺盛で遊びが大好きですが、人懐こく穏やかな愛玩犬らしい性格も持ち合わせています。
走り回ったり跳ねまわったりと運動量も多く俊敏です。

イタズラ好きな一面もあるため、やんちゃな印象を受けることも多いようです。

パピヨンの性格・気質②
~賢さはトップクラス~

パピヨンは非常に知能が高くしつけやすい犬種です。
人に褒められることが好きなので、褒めて伸ばすことでどんどん吸収して学んでいってくれるでしょう。

人を観察し行動する理解力も持ち合わせ、飼い主家族を気遣ったり賢く振る舞うようなこともあります。

ただし、プライド高く自己主張の強い一面も持ち合わせているため、甘やかして育ててしまうとわがままに育ってしまうこともあるので注意が必要です。

また、成犬になると警戒心が強くなる傾向があるため、無駄吠えがつかないよう注意しておくことも必要となるでしょう。

ミックス犬とは?

パピヨン,犬,ミックス犬

ミックス犬とは?雑種との違い

ミックス犬とは、意図的に純血種同士を掛け合わせることで生まれる子犬のことで、いわゆる「ハーフ犬」のことです。
「デザイナーズドッグ」や「ハイブリッド犬」などとも呼ばれています。

一般的にミックス犬が認知されたのはごく最近に感じますが、実は純血種同士の交配は古くから行われてきました。
主に盲導犬などの使役犬を生み出すことを目的に古くから作出されていたのです。

ところで、ミックス犬は「雑種」ではないのかと疑問に感じる人もいるかもしれませんね。
雑種とは、異なる犬種同士の交雑によって生まれた個体のことを指します。
そのため正式にはミックス犬も雑種に含まれますが、ミックス犬は雑種と違って両親の犬種が明確であり、意図的に交配されているという違いがあります。

意図的に純血種同士を掛け合わせて生まれた子犬のことを「ミックス犬」としてブランド化されているのです。

ミックス犬の魅力

ミックス犬の1番の魅力は、異なる犬種のそれぞれの見た目や性格などの特徴が引き継がれるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です