冬を乗り切ろう!パピヨンの寒さ対策


パピヨンの基本情報

  • 原産国:フランス
  • サイズ:超小型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:13~15歳
  • 価格相場:10~20万円
パピヨン,犬,横

パピヨンの概要

華奢なボディに大きな立ち耳を持つパピヨン。
フランス王妃マリー・アントワネットが愛した犬としても有名な犬種です。

フランスを原産とする超小型犬ですが、祖先犬はスペインが原産のトイ・スパニエルの一種だとされています。
当時は、「スパニエル(エパニエルナン)」と呼ばれ、特徴的な大きな立ち耳ではありませんでした。
それでもこの頃にはすでに16世紀のフランス貴族の間からの人気を集めており、かなり高額で取引されていたとの記録が残っています。

その後、交配を重ねるにつれて小型で立ち耳が特徴的な現在の姿へとなりました。

その立ち耳が蝶々が羽を広げたように見えることからフランス語で「蝶」という意味のパピヨンと名づけられました。

高い知能を持ち愛玩犬らしい性格、そしてエレガントで愛らしい姿から世界中で人気を持つ犬種です。

パピヨンの身体的特徴

  • 体重:3~4.5kg
  • 大きさ:超小型犬
  • 体高:20~28cm
  • 被毛:長毛・シングルコート
  • 毛色:白地に黒・茶・レモン・セーブルなど
パピヨン,犬,寝る

【大きさ】

パピヨンは、体高20~28cm体重3~4.5kg程度の超小型犬です。

すらっとしたバランスの良いスタイルを持っており、一見華奢な印象を受けますが意外と丈夫な体つきをしています。

【お顔】

アーモンド形のパッチリとした大きな目に、蝶の羽のように広がった大きな立ち耳が特徴的な犬種です。

【被毛】

パピヨンは、被毛は絹糸のような細く滑らかな直毛の長い被毛を持っています。
耳や胸、四肢・尾には豊富な飾り毛が生えており、優雅な印象を受けます。

被毛の構造がシングルコートの犬種のため、抜け毛が少ない犬種です。

【毛色】

白地に「ブラック」「ブラウン」「レモン」「セーブル」など、すべての色が認められています。
白地が多いほど好ましいとされていますが、単色については認められていません。

近年では白地に「ブラック」や「ブラウン」の斑が入った「トライカラー」も人気があるようです。

パピヨンの性格・気質

  • 明るく活発
  • 甘えん坊
  • 知能が高くしつけやすい
  • 警戒心からの無駄吠えに注意
パピヨン,犬,布団

パピヨンの性格・気質①
~明るく活発な愛玩犬~

パピヨンは好奇心旺盛で遊びが大好きな明るい性格をしています。
さらに人懐こくて友好的な愛玩犬らしい性格の持ち主です。

飼い主以外の人にも懐きやすいですが、とくに飼い主の事は大好きで、とても甘えん坊な性格な性格をしています。

パピヨンの性格・気質②
~無駄吠えに注意~

状況判断を得意としますが、状況を読もうとするあまり神経質になってしまうこともあるようです。

さらにプライド高く自己主張の強い一面も持ち合わせています。

そういったことから救急車の音やチャイム音などに吠えてしまうことも多いので、無駄吠えに注意しておく必要があります。

それでも非常に知能が高い犬種の1つでもありますので、しつけやすい犬種とされており、しっかりしつけを行えば問題行動は減るでしょう。

パピヨンに寒さ対策が必要?

犬は比較的寒さに強い動物です。
これは、犬の体温は平熱で38度前後で人よりも高く、さらに前身を毛に覆われているため、人よりは寒さへの耐性があるからです。

しかし、犬種によっても寒さへの耐性には差があります。
それでは、パピヨンはどうなのでしょうか。

パピヨン,犬,眠い,布団

パピヨンは寒さに強い?弱い?

パピヨンは、もともとフランスを原産とする寒い国で生まれた犬種です。

しかし、長い間愛玩犬として室内で飼われていているうちに、寒がりになってしまった傾向にあります。

さらに、現在国内にいるパピヨンの多くは被毛の構造がシングルコートとなり、ダブルコートの犬種と比べると保温機能が低くなっています。

そのため、パピヨンは特別寒がりというわけでもありませんが、寒さ対策は必要となるでしょう。
特にシニア犬や子犬となると、寒さへの耐性が成犬と比べ低いので寒さ対策は大切です。

寒さへの耐性には個体差もありますので、自分のパピヨンが寒がりなのか暑がりなのかを飼い主さんとして把握しておくことはとても大切です。

気温が低い日でも廊下などの冷たい場所を好むのか、真夏にもかかわらず日向にいることが多いのか、よく観察してみて下さいね。

パピヨンが快適に過ごせる温度とは

人によって快適に感じる温度が異なる様に犬にとっても快適な温度は異なります。
一般的には犬は室温23~25℃が快適に過ごしやすいとされています。
また、湿度の影響も大きく、湿度によって体感温度が異なって来ることも人と同じです。
理想的な湿度は40~60%とされています。

ただ、ここで注意しておいてほしい事が1つあります。
暖房を使っているにも関わらず足だけ冷えてしまう経験をしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

冷たい空気は低い場所に溜まるため地面に近いほど気温が低くなっています。
そのため、人を基準にした温度よりも低くなっているため、地面に近い位置で過ごすパピヨンにとって快適な温度を保ってあげる必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です