ジメジメ・カイカイ!梅雨の時期に気をつけたい犬の皮膚トラブル


“雨が多く、ジメジメとしたこの季節。

このジメジメが、わんちゃんにとって皮膚トラブルのもとになりやすいことは、ご存知ですか?

ここでは、梅雨の時期に注意したい肌トラブルと、その対処法を紹介します。

マラセチア皮膚炎とは?

マラセチアは、犬の皮膚に常在する真菌です。

健康な皮膚では問題は起こさない菌なのですが、何らかの理由で皮脂が増えすぎたり、皮膚の抵抗力が落ちることでマラセチア菌が増殖し、皮膚炎を引き起こしてしまうのです。

マラセチア皮膚炎の症状と原因

症状

症状としては皮膚の赤みや痒み、脱毛、べたつき、酸っぱいような独特の臭い、乾燥などが挙げられます。

また、垂れ耳の犬種は外耳炎として症状が表れることも多いです。

原因

梅雨の時期にマラセチア皮膚炎になってしまう犬が多いのは、マラセチア菌が湿った所で増殖しやすいためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です