【動物看護士が解説!】犬のワクチン接種の種類や料金、副作用について


犬のワクチン接種の必要性

現在、日本では様々な犬の感染症があります。

感染してしまうと、軽度の症状が現れるものから、命に関わる重度な症状が現れるものまであり、とても怖いです。

飼育している犬の多くは、外に散歩へ行ったり、動物病院やトリミングサロンへ連れていったり、最近ではドッグランやドッグカフェも増えてきています。

また、多頭飼いをする人も多くいます。

このような事から、他の犬と触れ合う機会も多くなってきています。
病気を持っている他の犬と接触することによって、感染してしまい大変なことになります。

ワクチン接種の必要性とは、病気を持っている犬から感染しないように、また広げないように予防として接種しておくことがとても大切になります。

犬を飼っている飼い主が、しっかり予防することによって、救える犬の命が多くあります。

犬のワクチンの種類

現在、動物病院では様々なメーカーから製造されている様々な種類のワクチンを取り扱っています。

動物病院によって、取り扱っているワクチンの種類や、料金も違ってきます。

現在一般的に動物病院で取り扱いのあるワクチンの種類や、平均的なワクチンの料金を説明します。

 

犬のワクチンの種類① 2種混合ワクチン

2種混合ワクチンで防げる病気

  • 犬ジステンパー
  • 犬パルボウィルス感染症

2種混合ワクチンの料金

  • 4000円~6000円

 
犬のワクチンの種類② 5種混合ワクチン

5種混合ワクチンで防げる病気

  • 犬ジステンパー
  • 犬パルボウィルス感染症
  • 犬パラインフルエンザウィルス感染症
  • 犬アデノウィルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
  • 犬伝染性肝炎

5種混合ワクチンの料金

  • 5000円~7000円

 
犬のワクチンの種類③ 6種混合ワクチン

6種混合ワクチンで防げる病気

  • 犬ジステンパー
  • 犬パルボウィルス感染症
  • 犬パラインフルエンザウィルス感染症
  • 犬アデノウィルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
  • 犬伝染性肝炎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です