犬用バギーって何?おすすめバギーをご紹介


犬,バギー

犬用バギーとは?

犬用バギーは、犬用のカートと呼ばれることもあります。

どういうものか、簡単にいうと赤ちゃんのベビーカーを犬用に変えたものが、犬用バギーになります。

デザインは豊富で、折りたたみができることだけではなく、必要に応じて、バギー本体からキャリー部分が着脱でき、キャリーバッグとして使うこともできます。
最近では、より軽く持ち運びが楽なものが売られています。

犬用バギーの使い方

それでは、犬用のバギーってどうやって使うのかご説明します。

使い方はたくさんありますが、今回は5つの使い方をご紹介します。

1. 大型犬を犬用バギーに乗せて病院へ!

小型〜中型犬だと、いざケガや病気をして、病院へ連れて行くというとき、キャリーバッグやクレートに入れて、サッと病院へ走ることができます。

しかし、問題は大型犬ですね。

抱っこしようにも、大きさ・重さ的にかなり無理があります。

クレートの場合も、結局持ち上げるのに苦労します。

そこで便利なのが、犬用バギーになります。

バギーにさえ乗せてしまえば、後は押すだけです。

2. 愛犬がシニアになっても、散歩ができます!

お散歩が大好きな犬たちは、どんなにシニアになっても外に行きたがります。

それは、運動のためだけでなく、外の風に当たり、匂いを嗅ぐだけでも楽しいのです。

そしてそういう行為は、脳の活性化になり、認知症防止にもなるといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です