バセットハウンドの基本情報!歴史や性格・特徴について。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


バセットハウンドの基本情報

バセットハウンドは16世紀に発見されたフランス原産の犬種です。

嗅覚に優れていて嗅覚により獲物を追跡する嗅覚ハウンドとして、現在でもフランスなどで活躍しています。

日本では家庭犬として愛されている犬種です。

バセットハウンドの歴史

パセットハウンド

バセットハウンドの歴史 ~ルーツ~

バセットハウンドは、フランスで生まれた犬種で、アナグマ猟に関する書簡に16世紀に初めて名前が登場しています。

どのような経緯を経て、今の胴長短足の体型になったのかは不明確とされています。

当時は、フランス貴族の間で狩猟が流行しており、素早く獲物追いかける猟犬スタイルでは追い付けずに苦労することとなり、人の足でも追いつける犬種が必要とされていました。
そこで作出されたのがバセットハウンドです。

それから、のんびりと獲物の臭いを嗅ぎながら獲物を追うスタイルへと変わり、バセットハウンドは嗅覚ハウンドとして広く知られることになります。

19世紀後半にはイギリスとアメリカに上陸し狩猟犬として活躍していましたが、20世紀半ばごろになると、バセットハウンドの愛嬌のある容姿が注目され映画やメディアに採用されるようになりました。

今でもヨーロッパでは猟犬として活躍していますが、アメリカや日本では愛玩犬として愛されて続けている犬種です。

バセットハウンドの歴史 ~名前の由来~

バセットハウンドの名前の由来には、はっきりとした記録がなく分からない部分も多いようですが、フランス語の「Basset(バセー)=(足が短い・背が低い)」が由来となって、英語読みから「Bassetバセット=(短い・低い)」「hound(ハウンド)=(猟犬)」という意味からつけられたと言われています。

バセットハウンドの特徴

  • 中型犬で胴長短足
  • 大きな頭部と大きな垂れ耳が特徴的
  • トップクラスの嗅覚を持つ
  • 低くて太い独特的な鳴き声
パセットハウンド

バセットハウンドの特徴① ~大きさや身体的特徴~

バセットハウンドは、体高33~38cm、体重18~27kgの中型犬に分類されます。
大きな頭部と胴長短足な体、大きく長い垂れ耳、たるんだ皮膚が特徴的です。

トップクラスとも言える鋭い嗅覚を持つことも大きな特徴で、散歩中には鼻を地面にこすりつけるように臭いを嗅ぎ歩くこともあります。

独特な重低音の大きく響く鳴き声をしているため、吠え癖がつくと少し厄介です。

ジャックラッセルテリア.白い犬.吠える

犬が吠える理由! うるさい無駄吠えや夜泣きの対処法

7月 31st 2018

バセットハウンドの特徴① ~被毛の種類や毛色~

被毛は、シングルコートの短毛で硬い毛質をしています。

毛色には様々なカラーが許容されていますが「ブラックタン&ホワイト」「レモン&ホワイト」に人気があり、他にも「レッド」「レディッシュブラウン」などが存在します。

バセットハウンドの相場価格

バセットハウンドの子犬の販売価格

バセットハウンドの子犬の相場価格は、だいたい20万円程度です。

繁殖頭数の少ない犬種で、自然交配が難しく出産も難産になることが多いようで希少価格として価格がやや高めになるようです。

子犬を迎えるならブリーダーから。里親制度も。

バセットハウンドは、ペットショップであまり見かける犬種ではないため、子犬を探すならブリーダーから探すことが一般的となります。

それでも、子犬の産まれるタイミングと合わないこともあるため、事前にブリーダーさんにコンタンクトを取っておくことをおすすめします。

他にもバセットハウンドを迎える手段として、里親制度があります。

飼育数自体が多くはないため、バセットハウンドが里親募集に出されていないタイミングもありますが、気長にチェックしていれば見つかるかもしれません。
インターネットで簡単に検索することができるので、気になる方はぜひ一度覗いてみてください。

子犬,犬

犬のブリーダーの選び方。悪質ブリーダーに騙されないために!

8月 31st 2018

相場価格の違いについて

一般的に犬の価格は、「月齢」「血統」「性別」「容姿」「毛色」などによって決められます。

バセットハウンドの価格が高額になっていたり安くなっている理由には、以下のような要因が大きく関係しているようです。

血統

親犬がドッグショーで優秀な成績を収めている場合、その子犬の価値も上がり価格は高く設定されます。

毛色

最も高値がつく毛色は、人気のレモンカラーで、だいたい25万円程度になります。
一方で安価な毛色はトライカラーで、15万円程度まで下がることもあるようです。

容姿

見た目がかわいいなどの他に、ドッグショーでの評価基準(スタンダード)に近い容姿を持つ個体ほどその価格は上がります。

【評価基準例】

  • 瞳の色がダーク系。明るい色や黄色い目は好ましくないとされる。
  • 額と目の横にはほど良いしわがあり、頭部の皮膚には十分なたるみがあること。
  • 歯の咬み合わせは上の切歯の内側に下の切歯の外側がわずかに接するシザーズ・バイト

などがあります。

バセットハウンドの性格・気質

  • 愛情深く友好的
  • 子どもや高齢者のいる家庭向き
  • しつけは根気強く気長に向き合う必要がある

性格・気質① ~猟犬なのに平和主義者~

狩猟犬として活躍していたバセットハウンドではありますが、とても友好的で優しい性格をしています。

他犬種と比べても愛情深く穏やかな性格をしているので、小さなお子さんや高齢者がいる家庭にも向いている犬種です。

猟犬の犬種でありながら争いを好まず、のんびり過ごすことを好みます。
ただし、臭いに対する執着心がとても強く、一度探求を始めると止められなくなるマイペースな一面も持っています。

知能も高く飼い主に対する忠誠心も持ち合わせていますが、頑固な一面が強いためしつけは時間が必要となります。

性格・気質② ~オスとメスによる性格の違い~

◆オスの性格

バセットハウンドのオスは、メスよりも甘えん坊な子が多いようです。

◆メスの性格

バセットハウンドのメスはオスよりも社交的な子が多いようです。

オスとメスのいずれものんびりとした性格をしています。

バセットハウンドの飼い方・しつけ

夜,犬

バセットハウンドの飼い方① 飼育環境

バセットハウンドは、体も大きく、暑さや寒さにもある程度順応できる犬種ではありますが、活発な犬種ではないため外飼いには向いていません。

室内飼いを基本としましょう。

室内では、胴体が長く腰への負担がかかりやすい体型をしているので、床には滑りにくい素材のもの、段差にはスロープを設置するなど足腰にやさしい環境を整えてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です