甲斐犬の基本情報!歴史や性格・特徴。心配なしつけやお手入れ方法もご紹介


甲斐犬の基本情報

甲斐犬は国の天然記念物に指定されている犬種です。

現在はほとんどが家庭犬として飼われていますが、以前は獣猟犬として飼われていました。
そして、今もなおその気質を残すように繁殖されています。
そのため四肢が丈夫で、急な傾斜の山道や、足場の悪い岩場でも身軽に走れるほどです。

また、周りの状況を冷静に判断する能力にも長けています。
日本原産の甲斐犬は日本の気候に慣れており、暑さにも寒さにも強く体は丈夫なほうです。

平均寿命は12~16年ぐらいと言われる比較的長寿な犬種です。

甲斐犬の歴史

甲斐犬はもともと獣猟犬

甲斐犬の原産国は日本で、古くから存在していた犬です。
もともとは山梨県の甲斐地方の山岳地帯で、シカやイノシシを狩る獣猟犬として用いられていました。

その頃、ちょうど和犬愛好家の安達太助氏が、横浜から山梨県に赴任した際に甲斐犬に興味を持ち、甲斐犬の調査や収集を始めていったと言われています。
数年後、安達氏は甲斐日本犬愛護会を立ち上げ、より精力的に甲斐犬の保存に取り組んでいったそうです。

そして1934年に甲斐犬は、国の天然記念物に指定されています。
天然記念物に指定されている日本犬は、現在6種類しかいないので、甲斐犬は貴重な存在と言えるでしょう。

「甲斐の虎毛犬」という愛称

また、虎のような珍しい模様の被毛から、「甲斐の虎毛犬」という愛称でも呼ばれています。
現在も猟犬として用いられていたりしますが、ほとんどが家庭犬として飼われています。

甲斐犬の身体的特徴

甲斐犬はペットショップで見る機会が少ないこともあり、体の特徴がいまいちよくわからない、と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。
そこで、甲斐犬の身体的特徴についてみていきましょう。

甲斐犬の体重・体高

甲斐犬の目安体重は16~18kg体高は43~53cmほどになります。
オスとメスで体の大きさの差は、ほとんどありません。

甲斐犬の容姿

甲斐犬は、ほかの日本犬と比べると額が丸みを帯びているほか、つぶらな瞳でかわいらしい顔つきをしています。
また、ピンと立った三角の耳と、長くて幅が狭いマズルが特徴的です。
体は胸の幅が広めで足が長く、オオカミに似た部分が見受けられます。

甲斐犬の被毛

被毛の長さは短く、細くてやわらかい毛質です。
そして、皮膚を守る役目の上毛と、体温調節の機能を果たす下毛からなる二重構造になっています。
抜け毛は多いほうですが、春と秋の換毛期にはとくに多くなります。

シベリアンハスキー

抜け毛の季節は要注意!換毛期の犬の正しいケアとは

2月 8th 2018
柴犬,茶、黒

柴犬の寿命と長生きしてもらうために飼い主にできること

2月 8th 2018

甲斐犬の毛色

毛色
  • 黒虎毛:黒地に茶褐色の虎模様が入っている毛色です。
  • 赤虎毛:黒虎毛と比べて赤茶色が入った虎模様の毛色です。
  • 中虎毛:黒と茶褐色が同じぐらい混ざっている虎模様の毛色です。
幼犬のときは一色の虎毛ですが、成長するにつれて毛色が変化していきます。
また、虎毛ではなく黒一色、白一色のような甲斐犬は純血犬ではなく雑種犬です。

甲斐犬の価格相場

甲斐犬の子犬の販売価格

国の天然記念物に指定されている甲斐犬なので、「それなりに価格も張るのでは?」とも思いますが、意外にもそうではありません。
一般的に甲斐犬の子犬の販売価格は、だいたい10~15万円ほどです。
個体によっては5万円程度で販売されていることもあり、一般的な他犬種と同様程度、あるいはそれより安価な場合もあります。

甲斐犬の購入方法

甲斐犬の購入方法ですが、ペットショップでも販売されるものの、それほど多くは見かけないのでブリーダーや専門犬舎から購入するのが一般的となります。
ただし、悪質なブリーダーも多いので、展示会やドッグショーに出展しているような、信頼できるブリーダーを選ぶようにしましょう。
もし犬舎に見学に行くのを断ったりするようであれば、注意が必要です。
動物愛護法により、犬の購入時は、対面販売が義務付けられているので、子犬に会わせないのは悪質ブリーダーの可能性が高いと言えるでしょう。
また、気に入った子犬のことだけでなく、親犬の情報もしっかりと確認しておくことをおすすめします。
子犬の性格や体質は、親の影響を大きく受けているので、親犬の性格の特徴などを知っておくと、その子犬がどんな性格の犬になるのか、想像つきやすくなります。

価格相場の違いについて

甲斐犬の子犬に価格が付けられる時に、相場価格を決める要因となる主な理由をご紹介します。

毛色

最もスタンダードな毛色「黒虎毛」の甲斐犬は、一般的に平均並みの価格です。
また、「赤虎毛」はなかなかお目にかかることができない希少な毛色ではありますが、意外にも価格は平均価格程度の15万円前後となります。
そして、最も高価になる毛色は、「白虎毛」です。
スタンダードとしては認められていませんが、かつて白色の甲斐犬がいたことから稀に白虎毛の個体が生まれるようです。
白虎毛は、ごく稀にしか生まれないため希少価値として少し高価になるようです。
ただし、白虎毛はスタンダードとして認められていない毛色になるため、血統書が発行されないことを注意しておきましょう。

血統

親犬がドッグショーで活躍している場合やチャンピオン犬の子犬の場合には、その子犬の価格は高くなる傾向があります。
純粋な甲斐犬としての資質などが備わり、犬種標準(スタンダード)に近ければ近いほどその価格は高額となります。
それでも30万円程度であることが多いようです。

甲斐犬の性格・気質

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です