犬と猫が仲良く同居するための方法


犬と猫の性質の違い

犬と猫はどちらもかわいい動物ですが、性質は全く違います。

一緒に飼うにはまず、その違いを把握する必要があります。

犬の習性チェック

  • 集団行動大好き
  • リーダーを決め、その人に従う
  • 構ってもらうのが大好き
  • お留守番が大嫌い
  • 走るものをつい、追いかける
  • 嫉妬心メラメラ
  • 忠誠心が高い

猫の習性チェック

  • 単独行動大好き
  • 誰かに従うことはせず、マイペース
  • お留守番は平気
  • 飼い主は主人というより同居人
  • きれい好きで臭わない
  • 夜行性
  • 動くものをつい狩猟したくなる

こう見ただけでも、かなり違うということがわかります。

また犬と猫は、性格だけでなく、食べるものも違うのです。

猫は完全に肉を食べないと生きていけないのに対し、犬は、基本的に肉が必要ですが、そうじゃなくても生きていける雑食性を持ち合わせています。

そのため、必要な栄養素が全く違います。

ドッグフードとキャットフードの成分も違うので、同じご飯を一緒にあげることはできません。

犬と猫の同居の前に必要な事

種類は違っても、飼っていればいずれ慣れて仲良くなるはず!と楽観的に犬と猫の同居を始めてしまっては、予想をしていなかった問題が起きることがあります。

犬と猫を一緒に飼いたいと思ったとき、それぞれのために、きちんと準備が必要になるのです。

それでは、実際どんなことが必要なのかご紹介していきます。

犬と猫がそれぞれ落ち着ける場所を確保

犬と猫の習性が違うのはご紹介したとおりです。

猫は夜行性のため、犬が睡眠中でも動き回ることが考えられます。

睡眠のタイミングが違うため、お互いがストレスにならないように、それぞれ別々にリラックスできる、プライベートな寝床を作ってあげることが大切です。

また、猫は単独で行動することが好きですので、猫の寝床は犬に邪魔されないような場所に作ってあげるようにしましょう。

犬と猫では生活に必要なものが違います

犬と猫では生活に必要なものも違ってくるので、お互い共有できるものは少ないかもしれません。

それぞれに必要なものをリストでご紹介します。

犬の生活に必要なもの

  • サークル(ケージ)
  • 犬用トイレトレー
  • 犬用ベッドやクッションなどの寝床
  • 散歩用のハーネスやリード
  • 犬用おもちゃ
  • 犬用ご飯と食器

猫の生活に必要なもの

  • 猫用の寝床(ベッドやドーム型寝床など)
  • 猫用トイレ
  • 爪とぎ
  • 猫用おもちゃ
  • 猫用のご飯と食器

このように、トイレ1つを取っても、同じトイレでも犬用はトイレシートを使ったトイレトレー。

猫用は猫砂を入れたトイレが必要となり、全く異なるものを準備しなければなりません。

犬と猫の同居がうまくいくかは、飼う順番がとても重要

環境を整え、必要なものを揃えることも大切ですが、犬と猫を同居させる場合、1番気を遣って欲しいのが、飼う順番になります。

もちろんその犬や猫の性格によって、すんなり仲良くしてくれることもありますし、その逆もあります。

ただ傾向として、飼う順番を変えるだけで、うまくいくか失敗するかだいぶ変わってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です