マルチーズの噛み癖のしつけ方


マルチーズの子犬の噛み癖

子犬の噛み癖に考えられる原因には、歯が生え変わる時期、遊びの延長、怒りや攻撃、恐怖、ストレスなどが考えられます。

犬は、自分を守ったり攻撃するための手段や、コミュニケーションを取る手段として「口」を使います。
つまり犬にとって噛む行為は、ごく自然な行為だということです。
そして噛み癖は子犬のうちにしつけておかないといけません。
成犬になってから噛み癖を完全に直すには時間がかかり少し厄介です。

そうならないためにも、子犬のうちにしっかりとしつけておきましょう。

マルチーズの噛み癖のしつけ方法とは?

噛み癖には、それぞれの原因に合わせて対処していく必要があります。

歯の生え変わりによる痒みから噛む場合

生後3カ月~半年頃までに犬は歯の生え変わりがあります。
この時期は、口の中に違和感がや痒みがありますので、何かを噛むことで痒みを発散させているのです。
その為噛む行為自体を止めさせることはできませんが、噛んでも良いおもちゃを与えて痒みを発散させてあげるようにしましょう。
噛んではいけないものは、飼い主が責任を持って片づけておきましょう。

遊びの延長

子犬がじゃれている時に、手を軽く噛んでくる甘噛み。
子犬のうちはさほど痛くもなく、遊ぶことが仕事の1つでもある子犬のうちは放っておいても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です