チワワの脱臼は怖い!原因と治療、予防法について


チワワに多い脱臼は膝蓋骨脱臼

犬の脱臼には様々なものがありますが、特にチワワなどの小型犬は膝蓋骨脱臼を起こしやすい傾向があります。

膝蓋骨脱臼とは、後脚の膝のお皿がはずれてしまうことです。

膝蓋骨脱臼はその重症度でグレード1からグレード4まで4段階に分かれます。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード1

グレード1は脱臼してもすぐに元の状態に戻り、気がつくことも少ない状態です。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード2

グレード2は脱臼して時々足を浮かせて歩くことがあっても、足を伸ばしたり人間が手を貸してあげたりすると、元に戻る状態です。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード3

グレード3では、元に戻っても脱臼していることが多くなり、足を浮かしていることが多くなります。

チワワに多い膝蓋骨脱臼 グレード4

グレード4は常に脱臼している状態で元に戻すことができずに歩行困難になっている状態です。

チワワの膝蓋骨脱臼の原因は?

チワワの膝蓋骨脱臼の原因は先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なものはチワワなど小型の犬に多く、生まれつき膝の関節周りの筋肉や骨、靭帯の形成に異常があるものです。

先天性の脱臼は加齢とともに進行してくることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です