ゴールデンレトリバーに服を着せるメリットと失敗しない服の選び方


 

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット

おしゃれを楽しむためにゴールデンレトリバーに服を着せるのもよいのですが、実は機能面におけるさまざまなメリットがあります。

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット① 抜け毛が飛び散らない

ゴールデンレトリバーの被毛は、皮膚を保護する役割の上毛と、体温調節の働きをする下毛からなるダブルコートという二重構造になっています。

ゴールデンレトリバーの下毛は春と秋に毛が生え変わるので、その時期は大量の毛が抜け落ちます。

そのため、服を着ていればドッグカフェや公園などの公共の場に行っても、抜け毛が飛び散らずに済むので、相手に不快な思いをさせることなく過ごせるでしょう。

換毛期に毎日ブラッシングしていても、抜け毛はどうしても落ちてしまうので、服を着ると非常に役立ちます。

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット② 体温調節の役割をする

ゴールデンレトリバーは暑さに弱いので、服を水に濡らして着せることで暑さ対策ができます。

また、シニア犬になると温度変化などの適応力が低下してくるので、冬場などは寒さ対策としても役立ちます。

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット③ 蚊やノミ・ダニを防ぐ

服を着れば体表面がある程度覆われるので、ノミ・ダニが寄生したり、蚊にさされたりするのを防ぐ効果があります。

予防薬をすればノミ・ダニは絶対につかないと思っている方もいたりしますが、草むらなどに入って遊んでしまうと、寄生されていることも少なくありません。

ゴールデンレトリバーに服を着せることで完全に防げるわけではないですが、軽減させることは可能でしょう。

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット④ 被毛が濡れたり汚れたりしない

ゴールデンレトリバーは運動量が必要な犬種なので、よほどの嵐でない限り、雨の日でも散歩に連れて行く必要があります。
そのため、レインコートを着せれば被毛が濡れないで済むほか、泥がはねて汚れが付くのも軽減できます。

ゴールデンレトリバーの被毛は撥水性に優れているので、多少の雨なら少し湿っぽくなるぐらいで済みますが、さすがにずぶ濡れになってしまうと、体が冷えて体調を損ねる恐れがあるでしょう。

レインコートは足を通して着るタイプのほか、簡単に着せられるポンチョタイプもあります。

ゴールデンレトリバーに服を着せるメリット⑤ 皮膚を守れる

愛犬のゴールデンレトリバーが皮膚が弱い体質の場合などは、服を着ることで紫外線などの刺激から皮膚を守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です