アメリカンコッカースパニエルのおすすめの屋外用おもちゃ


アメリカンコッカースパニエルの基本情報

  • 原産国:アメリカ
  • サイズ:中型犬
  • グループ:愛玩犬(9G)
  • 平均寿命:12~15歳歳
  • 価格相場:17~25万円
アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.海

アメリカンコッカースパニエルの概要

アメリカンコッカースパニエルは、名前の通りアメリカを原産とする中型犬です。

現在では愛玩犬と分類されていますが、、祖先犬は山キジ(woodcock)の猟犬として活躍していた犬でした。
1620年イギリスからアメリカへ渡ったメイフラワー号にイングリッシュコッカースパニエルが乗っており、アメリカでイングリッシュコッカースパニエルを愛玩犬として選択交配されて誕生したのがアメリカンコッカースパニエルとなります。

絹のように美しい被毛に愛らしい顔立ちをしたアメリカンコッカースパニエルは、ショードッグの場で大きく活躍しました。
そしてディズニー映画『わんわん物語』のモデル犬となったことで人気を博します。

見た目の愛らしさに加えて欠点の少ない性格から国内でも根強い人気を持つ犬種です。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

  • 体重:11kg~13kg
  • 大きさ:中型犬
  • 体高:36cm~38cm
  • 被毛:長毛
  • 毛色:「ブラック」「アスコブ(ブラック以外の単色))」「パーティカラー(2色以上)」の3つに分類。豊富なカラーがあり。

アメリカンコッカースパニエルの身体的特徴

【大きさ】

アメリカンコッカースパニエルは、体高36cm~38cm、体重:11kg~13kgの中型犬に分類されます。
元々は猟犬として活躍していただけに筋肉質な体をしています。
体力があり身体能力も高いです。

四肢は前足がまっすぐなのに対し、後ろ足は傾斜しているのが特徴となっています。

【顔】

顔の彫りが深めで優し気な顔つきに、ウェーブのかかった長い垂れ耳が最大の特徴です。

イングリッシュコッカースパニエルと間違われやすいアメリカンコッカースパニエルですが、頭頂部がやや平らで、口先が短めに詰まっている特徴があります。

【被毛】

アメリカンコッカースパニエルの被毛は、毛質が絹のようにきめ細かい長毛で、ストレートタイプとウェーブタイプの2種類があります。

イングリッシュコッカースパニエルよりも毛量が多く、特に耳周り、胸、腹、四肢には飾り毛があります。

ダブルコートで抜け毛の多い犬種となります。

【毛色】

毛色は大きく分けて「ブラック」「アスコブ(ブラック以外の単色))」「パーティカラー(2色以上)」の3種類に分類されますが、実に様々なカラーが存在します。

「アスコブ(単色)」では、「ブラック」の他に「クリーム」「ダークレッドブラウン」があり、いずれも、飾り毛の明るい色調、胸及び喉にみられる少量のホワイトは認められています。
パーティ・カラーは、ホワイトを含む2色以上で構成されています。

ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイト及びローンそれぞれの色のタン・ポイントを含みます。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質

  • 明るく陽気
  • 誰にでも友好的
  • 寂しがり屋
  • しつけやすい犬種
アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.海

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質①
~明るくフレンドリー。愛玩犬らしい性格~

アメリカンコッカースパニエルは「メリー(陽気な)・コッカー」と呼ばれるほど陽気な性格をしています。
元気いっぱいに遊び回ることが大好きで、人が好き、他の犬も動物も好きなフレンドリーな性格をしています。
とても優しい性格をしているので子供や高齢者のいる家庭でも安心して飼うことができます。
愛玩犬として欠点の少ない性格の持ち主です。
ただ、とても寂しがり屋なので長い時間1人でお留守番することは苦手とすることがあります。

アメリカンコッカースパニエルの性格・気質②
~しつけやすい犬種でもある~

アメリカンコッカースパニエルはとても賢い犬種な上、飼い主を喜ばせようと頑張るような性格でもあります。
好奇心がとても旺盛で教えたことの吸収力も高いので、しつけやすい犬種と言われています。

犬が外で遊ぶメリットとは?

アメリカンコッカースパニエル.わんわん物語.

犬にとって遊ぶということ

犬にとって「遊ぶ」ということは、単純なことのように思えますが大きな意味があります。

遊ぶことは犬にとって「学び」の機会となります。
特に子犬のうちは、遊びを通して環境や人、他の犬との接し方を学んで成長していきます。

また、遊ぶことで運動不足の解消ストレス発散の機会となり、健康的な身体作りや、健康な心身を維持することに繋がっていきます。

このように遊びは子犬の時からずっと欠かせないことなのです。

室内ではなく外で遊ぶメリット

「小型犬は散歩させなくてもいい」なんて話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり犬はサイズに関わらず外に出してあげた方が良いです。

特にアメリカンコッカースパニエルは遊びが大好きで活発な中型犬です。
外で思い切り遊ぶ機会を作ってあげると喜んでくれるでしょう。

外で遊ぶことには以下のようなメリットがあります。

◆脳の活性化
外で遊ぶということは、自然や外の環境の中で室内とは違った景色や季節を感じることができます。
それが犬にとって「刺激」となり、脳の活性化に役立ちます。
ストレス発散や老化予防にとても効果的なことです。

◆社会性を養う
外で過ごしていると、家族以外の人や他の犬と出会う機会となります。
様々な人や犬と接する中で社会性を身につけることができるでしょう。

◆日光浴
人にとってぽかぽかと日向ぼっこするのはとても気持ち良いことですが、犬にとっても同じです。
紫外線の浴びすぎは良くありませんが、適度な日光浴は、自律神経を整えてくれたり皮膚の殺菌効果、骨粗しょう症の予防などたくさんのメリットがあります。

遊びにおもちゃを取り入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です