ポメラニアンの子犬が噛む理由とやめさせる方法


ポメラニアンの子犬が噛むのはなぜ?

子犬が噛む理由について考えられる理由は主に2つに分けられます。

歯が生え代わりの時期でむずがゆい

歯の生え変わる時期は口の中がむずがゆいために、スリッパやテーブルの脚、いすなどのありとあらゆるものを手当たり次第に噛んでしまいます。
人間の赤ちゃんも歯が生える頃は過剰によだれが出たり何でも噛んだりするため、歯固め用のおもちゃを与えたりしますよね。
人間の赤ちゃんと一緒で、子犬にとっての噛む行為はそのむずがゆさの解消が目的の場合があります。
子犬といっても歯はケンケンに尖っていますので、ちょっと目を離したすきに大切な物が見るも無残な姿になってしまったという事も珍しくはありません。

かまってほしい時や遊んでほしい時

子犬の頃は落ち着きがなく、とにかく遊びたくて仕方ありません。
さらに、まだ噛んでもいい物と噛んではいけない物の区別がついていないため、手当たり次第に何でも噛んでしまいます。
まだ噛み具合の加減においても十分に理解できていないので、遊び初めの時は甘噛み程度だったのに、遊びに必死になってくると興奮してつい本気で噛んでしまうという事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です