性格の決め手になる!?ポメラニアンの社会化について


ホワホワな毛にクリクリな瞳、まるでぬいぐるみのような姿で見た人を魅了するポメラニアンですが、性格は意外にも勇敢で警戒心が強く、自分よりはるかに大きい相手でも吠えて威嚇する度胸があります。
そのため、吠え癖や噛み癖に困っているという飼い主の声を耳にすることは珍しくありません。
今回はこれらの問題行動の原因とも言われている“社会化”について詳しくご紹介します。
心が健康なポメラニアンに育つように、大切な社会化期を逃さないようにしましょう!

社会化って何?

犬の社会化とは、生後4週から13週までの期間を指し、様々な体験や経験した事を何でも吸収する時期と言われています。
この社会化期で今後の犬の性格や精神面が決定するといっても過言ではなく、犬の人生が大きく左右される大切な時期とされています。
この社会化期に色んな人や犬に会って、可愛がってもらったり楽しく遊ぶことによって、犬や人間に対してのイメージが『良』になります。
また、この時期に色々な体験や経験をさせることにより、今後の生活においても穏やかに過ごすことができるようになります。
特にポメラニアンは神経質で警戒心が強い性格を兼ね合わせていますので、小さなことで恐怖感を感じたり過度にストレスを抱えることなく、温和でのほほんとしたポメラニアンに育つように、この時期に様々な経験を十分にさせてあげましょう。

ポメラニアンの具体的な社会化の方法とは?

ポメラニアンの子犬の社会化はしつけの基本と言ってもいいでしょう。
人間の赤ちゃんも色々なものを見て、聞いて、触って、感じることによって様々な知識を身につけますよね。
子犬も人間の赤ちゃんと同様に、様々な経験を積むことによって良い事や悪い事、好きな事や嫌いな事が理解できるようになります。

社会化の基本は見せる・触れさせる・聞かせる・嗅がせるです。
それでは具体的な方法を見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です