★ポメラニアンの飼い方まとめ★これでポメラニアンのすべてがわかります!


ポメラニアンの基本情報

原産国:ドイツ

体高:20cm±2cm

体重:1.8~2.3kgが理想的とされる

毛色:ブラック・ブラウン・チョコレート・レッド・オレンジ・セーブル・ウルフ・ビーバー・ブルー・ホワイト・パーティカラー・ブラックタン

外貌:豊富な下毛による美しい被毛。たてがみのような頸周りの毛と豊かな被毛の巻き上がった尻尾、スピッツ特有の尖った小さな立ち耳が特徴的。

下記の記事ではポメラニアンのすべてについて分かりやすく解説しています。

ポメラニアンを飼う前に知っておきたいのポメラニアンの基本情報!性格・特徴・しつけやお手入れ方法まで  http://transworldweb.jp/articles/1269

ポメラニアンの歴史とその魅力について

ポメラニアンの祖先はドイツにいたスピッツ系サモエドだと考えられています。

サモエドはアイスランドなどで牧羊犬や橇引き犬として飼われていました。

その後にサモエドはドイツに連れて行かれ、ポメラニア地方で小型化されポメラニアンの原型になったといわれています。

その頃にはまだ今のような小型犬ではなくジャーマンスピッツと呼ばれていました。

その後はイギリス国王によってドイツからイギリスに持ち込まれたことから、現在のポメラニアンが生まれその後も王室の犬として寵愛を受けました。

下記の記事ではポメラニアンの歴史について分かりやすく解説しています。

ポメラニアンの歴史〜ドイツで誕生し、イギリスで愛された犬 http://transworldweb.jp/articles/446

ポメラニアンはハッピードッグ!?

ポメラニアンの魅力はその外見の可愛らしさに似合わぬ喜怒哀楽のはっきりした性格にあるのではないでしょうか。

牧羊犬の血を引くポメラニアンは頭も良く活発で元気な犬種です。

ポメラニアンが人の顔を見上げるときの顔が常にスマイルを作っていることから、飼い主達はポメラニアンのことをハッピードックと呼んでいるそうです。

下記の記事ではポメラニアンの愛すべき特徴について書かれています。

●ポメラニアンの魅力〜世界中で人気の理由 http://transworldweb.jp/articles/450

ポメラニアンを飼いたいと思ったら?

ポメラニアンを飼いたいけれど、ペットショップがいいのかブリーダーからがいいのか迷ってしまいますね。

特にポメラニアンは毛色の種類が多く、毛色によって価格が大きく違ってきます。

ペットショップでは好みの毛色のポメラニアンや血統のいいポメラニアンを見つけるのは難しいかも知れません。

優良なポメラニアンを繁殖させているブリーダーも多くありますが、劣悪な環境で繁殖させているブリーダーもありますので、その見極めが重要になってきます。

下記の記事ではペットショップとブリーダーのメリット・デメリットやポメラニアンの価格の違いなどについて詳しく解説しています。

気になるポメラニアンの値段は!ペットショップとブリーダー、どこで買うべき? http://transworldweb.jp/articles/583

ポメラニアンをショップから迎える時の注意点 http://transworldweb.jp/articles/631

ポメラニアンを飼う前に知っておきたいこと

ポメラニアンの毛色について

ポメラニアンには多くの毛色があります。

珍しい毛色や人気の毛色によって大きく価格が違ってきます。

JKCで認められている珍しい毛色はレアカラーといわれ、繁殖が難しいチョコレート・光があたるとグレーにみえるブルー・薄い茶色にグレーが混じったようなビーバー・ポメラニアンでは珍しいブラックタンなどがあります。

またJKCでは認められていないマールカラーと呼ばれる毛色もあり、非常に高値で売買されていますが、遺伝子異常で生まれたものなので先天性疾患を持っていたり、虚弱だったりすることがあります。

下記の記事ではポメラニアンの毛色について詳しく解説しています。

ポメラニアンのカラーについて。人気色は?性格に違いは?http://transworldweb.jp/articles/453

ポメラニアンの性格について

ポメラニアンは見た目が可愛いので大人しいイメージがあるようですが、自立心の強い犬種なので、多少なりとも気の強い面を持っています。

無駄吠えが多い犬種だといわれていますが、飼い主には忠実ですから仔犬のころからしっかりとしつけることで防ぐことができます。

下記の記事ではポメラニアンの性格やオスとメスの性格の違いについて分かりやすく解説しています。

●ポメラニアン性格は?オスとメスでの性格の違いはある?http://transworldweb.jp/articles/502

ポメラニアンの生涯にかかる費用について

ポメラニアンを飼うためにはどのくらいの費用がかかるのかご存知ですか?

〈初期費用〉生体費用・畜犬登録費用・狂犬病及び混合ワクチン接種費用・健康診断・ケージ・サークルなどの生活用品等

〈定期的にかかる費用〉ペットフード・ペットシート・トリミング・健康診断・狂犬病及び各種ワクチン・ペット保険等

ポメラニアンに限らず、犬を一生涯安全に大過なく過ごさせてやるためにはそれなりの経済的余裕が必要です。