どうしてそんなに吠えるの?ポメラニアンの無駄吠え対策について

ポメラニアン,柴犬

ポメラニアン,柴犬

ホワホワな毛に丸い瞳でまるでぬいぐるみのような癒し系なポメラニアンですが、一方で良く吠える犬種としても知られています。
ポメラニアンの飼い主で無駄吠えに困っているという方も少なくはありません。
今回はポメラニアンがなぜそんなに吠えるのかついてご紹介します。

ポメラニアンは吠える犬なの?

ポメラニアンは体こそ小さいですが、性格はとても勇敢で気が強く活発、そして繊細で臆病な一面があります。

また、飼い主に対しては甘えん坊ですが、外部に対しては気丈に振る舞い、自分より断然大きな犬に対しても物怖じせずに立ち向かっていく度胸があります。

そのため色々な場面で吠えてしまって周囲やご近所に迷惑をかけてしまい、どうにも困っているという飼い主の話もよく耳にします。

しかし、本当にポメラニアンは皆が皆、吠えるのでしょうか?生まれ持つポメラニアンの性格上吠えやすい犬種ではありますが、良くしつけの行き届いた大人しいポメラニアンも沢山います。
では吠えるポメラニアンと大人しいポメラニアン、一体どこに違いがあるのでしょうか。

どこが違うの?吠えるポメラニアンになってしまう原因は?

良く吠えるポメラニアンに考えられる原因は主に二つあります。

幼犬の頃の経験や愛情不足

犬にとって生後4週から7週までは本来親や兄弟と過ごす大切な時期であり、これからの犬の性格や精神面を左右するといっても過言ではないほど重要な期間になります。

その時期に親元から離されて必要な愛情や刺激、犬社会を学べないまま育ってしまうと、将来的に情緒が安定しない子になってしまう可能性があります。

また、7週以降においても人や犬、場所や臭いなどの色々な経験や環境を学ぶ機会が少ないまま育つと、臆病になったり何事にも過敏に反応してしまう子になってしまいます。
ぜひ幼犬の頃に色々な経験をさせたり愛情を沢山注ぎましょう。

飼い主による間違った怒り方

吠えた時に「こら」「しー!」と怒っていませんか?実はその行動は間違っています。
吠えている時に怒ってしまうと、ポメラニアンにとっては「怒られる=かまってもらえる」に変換されてしまいます。
吠えるとかまってもらえる、自分の思い通りになると認識してしまうと、毎回なにか要求がある度に吠えたり、要求が通るまで吠え続けるようになってしまいます。

人間にとっては無駄吠えでも、ポメラニアンにとっては意味がある?

ポメラニアンがキャンキャン吠えていると人間にとっては「うるさいな~」「なんでそんなに吠えているの?」「静かにして!」と、吠えることに対して問題行為と捉えてしまいますが、そもそも犬にとって吠える事はコミュニケーションツールの1つであり、ごく自然な事であるという事を忘れてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です