ポメラニアンの子犬への餌の与え方


ポメラニアンの子犬の食事について

子犬は短期間で大きく成長します。
そのため子犬の時には、成犬と比べて約2倍もの栄養を摂る必要があるのです。
しかしこれは決して量ではなく、食べるものの質が重要となります。
一般に販売されているドッグフードの多くは、子犬用・成犬用・高齢犬用と別れていますので、栄養が多く詰まっている子犬用を選ぶようにしましょう。

子犬の消化器官は未熟なので、1日に与える餌は3回に分けて、与えるドッグフードの指示に従った量を与えるようにしましょう。
生後2~3カ月頃まではドライフードはぬるま湯でふやかして食べやすく消化しやすくしてあげます。
このふやかす時期はだいたい生後3~4カ月を目安に子犬の食いつきや便の様子を見ながら、徐々にふやかし方を固めにしていき、ドライフードに切り替えていきましょう。

いつまで1日3回食べるの?

ある程度成長して消化器官も発達してきた生後6カ月頃を目安に、食事の回数を朝昼晩の3回から朝晩2回に減らしましょう。
昼の食事は、食事中の様子を見ながら与える量を徐々に減らしてなくしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です